営業マンにとっては数字が人格とも言える

数字が人格(すうじがじんかく)

数字が人格は結果を残した人が認められることです。皆さんも仕事や学業において結果が求められることがあると思います。それは業務においてであったり、テストや試験などであったりとさまざまだと思います。結果が至らなければ、仕事を任されなくなったり、補修を受けることになったりすることもあります。しかし、優秀な結果を残していれば認められるものです。そんなさまを表す言葉が数字が人格という言葉です。今回はそんな数字が人格という言葉について例文や類義語などみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

数字が人格の意味とは

数字が人格の意味は結果を残した人が認められることです。数字が人格はビジネスシーンなどでよく耳にする言葉であり、成果主義と言い換えることもできます。

数字が人格の由来

数字が人格の「数字」はこれまでの結果や業績などのことを表しています。結果が振るえば自ずと数字として見えてくるものです。また「人格」は人間としてありかたを表しています。これらの言葉を組み合わせて数字が人格という言葉が成り立っています。

数字が人格の文章・例文

例文1.数字が人格というのに結果が全てであるので、過程などは関係ない。
例文2.数字が人格であるこの業界では、結果が残せないと評価してもらえない。
例文3.数字が人格という考えのもと教育に力を入れる。
例文4.数字が人格とは言っても結果が振るわなくても経験によって得られるものはあるだろう。
例文5.数字が人格の考え方は、能力が低い人にとっては厳しい世界に感じるだろう。
これらから数字が人格は、結果が全てであるさまを表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

数字が人格の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば今年入ってきた新入社員にとても優秀な人がいてね。この前出世していて驚いたよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。それは凄いね。この会社は数字が人格だからね。

  • 質問者アイコン

    確かに若くても実力があれば評価されるからね。

  • 回答者アイコン

    できる人はそれだけいい数字を出していると思うと負けていられないね。

これは、早くに評価されて出世した新入社員について話している様子です。

数字が人格の類義語

数字が人格の類義語には、「打てば響く」「虎に翼」「青は藍より出でて藍より青し」などがあります。

数字が人格まとめ

数字が人格という言葉は成果主義の世界においては使える言葉です。特に仕事などにおいては結果が求められることが多いです。そのため、教育や研修に力を入れている企業もあります。そんな場面でこの言葉は使うことができるので是非これを機に覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事