ビジネスで提言を行う

提言(ていげん)

「提言」と「提案」は似ていますが、あなたはその違いをちゃんと答えられますか?現在、猛威を振るっているコロナウイルスについての「提言」もよく見かけますが、なぜ「提案」ではないのでしょうか。今よく見かける言葉だからこそ正しく意味を理解していきましょう。

提言の意味とは

「提言」とは、第三者として意見や考えをたくさんの人の前に出すことです。政治の世界なので多く用いられる言葉で、専門家が意見を出す場合にも使われます。また一般の人同士でもビジネスなどのシチュエーションでは提言を受ける機会もあるでしょう。

提言の由来

「提言」と「提案」は似ていますが、違いがあります。「提言」は第三者として、公の場で意見を出す事に対して、「提案」は当事者として、一般的な場で意見を出す事です。自分の立場、使う場面によって使い分けていきましょう。

提言の文章・例文

例文1.専門家が、コロナウイルス対策を政府に提言する。
例文2.私がその提言を聞いたのは、それから二週間ほど経ってからだった。
例文3.ここで高野連の「夏の暑さ対策に関する提言」なるものを読んでみましょう。
例文4.この戦いにおいて徳川が豊臣との和睦を提言したともされる。
例文5.独立を提言する住民は領外に追放された。
例文の様に、政府や議会等の公の場に関連しているときに、「提言」を用います。

提言の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日の夜のニュースみた?政府が出したウイルスに関する提言ってやつ。

  • 回答者アイコン

    ああ。見たよ。今すごく流行っているからね。手洗い、うがいはしっかりしなきゃね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。でも、今週末の旅行どうしようか?中止にする?

  • 回答者アイコン

    うーん…
    。残念だけど今回は見送ろうか。

政府が出しているものが「提言」、旅行について出しているものは「提案」だという事がわかると思います。

提言の類義語

「提言」の類義語には「意見」や「提案」「進言」「諫言」があります。

提言まとめ

「提言」と「提案」の違いは理解できたでしょうか?イメージ的には、「提言」は堅苦しくて厳かで「提案」は重くも軽くはないといったところでしょう。自分の立場、場面を考えて使い分けていきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事