手前味噌(てまえみそ)

手前味噌の意味は「自慢」という意味です。自分の成果や実力をアピールする時、あまりにダイレクトにアピールしてしまうといやらしくなってしまいます。特にビジネスの世界では、謙虚な姿勢を示しつつ自分の強みはしっかりとアピールすることが非常に重要です。今回はそんな時に役立つ言葉である「手前味噌」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

手前味噌の意味とは

手前味噌の意味は「自慢」という意味ですが、使用する文脈によっては「謙遜」の意味を含ませることが可能です。例えば前置きとして手前味噌を用いて、「手前味噌ではありますがウチの社員は皆優秀です。」と言えば、真っ向から自社の社員の能力を自慢するよりも謙虚な姿勢を示すことが出来ます。

手前味噌の由来

手前味噌の由来は、かつては味噌というのは各家庭オリジナルで作るもので、それぞれ自分のものが一番だと自慢していたことが由来となっています。また、味噌という言葉自体に重要なポイント、自慢できる点という意味があり、それも由来の一つと言われています。

手前味噌の文章・例文

例文1.手前味噌ですがウチの製品はどれも一級品です。
例文2.手前味噌とは言いつつも彼からは自信が溢れている。
例文3.彼女の発言はいつも手前味噌でつまらない。
例文4.手前味噌だがこの自作アプリは大ヒットするポテンシャルを持っている。
例文5.手前味噌ながら野球の腕前はそこそこ良いです。
手前味噌を上手く使いこなして謙虚さをアピールしたいですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

手前味噌の会話例

  • 質問者アイコン

    手前味噌だけど将棋の腕には自信あるよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ!私も学生時代将棋部だったから得意だよ。

  • 質問者アイコン

    勝負してみようか。

  • 回答者アイコン

    うん、久しぶりに打つから緊張するよ。

謙虚に将棋の腕前をアピールする男性と、それに対抗する女性の会話です。

手前味噌の類義語

手前味噌の類義語は「自惚れ」「自慢」「アピール」などがあります。

手前味噌まとめ

手前味噌は「自慢」という意味ですが、使用する文脈によっては「謙遜」の意味を含ませることが可能です。謙遜の意を含ませるには前置きとなる言葉が重要です。言葉の意味を覚えるだけでなく、例文や会話例から学んで是非日常生活で使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事