戒告となる行動をして、処分をうける

戒告(かいこく)

最近とある一件によって、ニュースで「訓告」という言葉を聞くことが多くなったかと思いますが、「訓告」に関してはすでに解説をしていますので、そちらをご覧ください。その言葉と同時に「戒告」も併せてよく聞くようになったかと思います。しかし、それぞれの違いを把握している方はほとんどいないのではないでしょうか。そこで今回は、「戒告」という言葉について「訓告」にも軽く触れながら解説していきたいとおもいます。

[adstext]
[ads]

の意味とは

「戒告」とは、国家公務員の懲戒処分の一つとなります。これの他にも、「免職」「停職」「減給」などがあります。以前紹介した「訓告」は法律上の処分ではないのですが、こちらは法的な罰則となっております。

戒告の由来

「戒」には、悪いことが起こる前に注意するという意味があり、その注意を「告げる」というところから、「戒告」という言葉はきています。

戒告の文章・例文

例文1.彼は戒告処分でもなく、訓告ですんだ。
例文2.法を犯しても戒告ではなく訓告で済んでしまうのが上級国民の特権だ。
例文3.彼女は戒告処分を受け、給料も30%減となった。
例文4.彼は何度も戒告しても態度を改めない。
例文5.賭け麻雀をした彼はお得意の権利を振りかざし戒告を回避することに成功した。
法を犯してもおとがめ無しで済むとは、法治国家とは何なのでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

戒告の会話例

  • 質問者アイコン

    戒告って訓告と何が違うの?

  • 回答者アイコン

    訓告は「軽く注意」で、戒告は「強めの注意」だよ。

  • 質問者アイコン

    それでも注意だけなんだ。

  • 回答者アイコン

    戒告だと場合によっては減給も伴うのよ。

法律に関しては無知ですが、それでも某一件が「訓告」で処理されることには疑問が残っており、国民から批判が集まっています。

戒告の類義語

戒告の類義語には、「訓告」や「厳重注意」などが挙げられます。

戒告まとめ

今回は、「国家公務員の懲戒処分の一つで、厳しく注意すること」を意味する、「戒告」について解説しました。私たちの日常生活であまり使うことはありませんが、ニュースでは聞く機会が今後もあるかと思うので、この機会にぜひ覚えておいてくださいね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事