成人の日(せいじんのひ)

「成人の日」は誰もが一度は通る特別な一日で、20歳という節目を超えたら日本の法律では大人の仲間入りです。古来から「成人の日」は存在しており歴史はとても長いので、現在の「成人の日」に至るまでの経緯や込められた想いや存在意義について今回は解説していきます。

成人の日の意味とは

「成人の日」は、毎年1月の第2月曜日を祝日とし、「大人になった事を自覚することにより、自らを生き抜こうとする青年を祝う励ます日」の事です。

成人の日の由来

「成人の日」は古来から存在し、親しまれてまいりました。「成人の日」は貴族のような位の高い方だけでなく、各地でも村人が定めた成人の儀が行われていたと言われています。しかし今のように年齢で決めていたわけではなく、例えば「1日で○○できたら」のように行為に対して基準を決めておりました。そして明治以降にって、男性は兵役につくようになり、その為に徴兵検査が実施され、この検査が成人式のきっかけになったと言われています。、戦後、1948年の国民の祝日に関する法律により、現在の「成人の日」が祝日になりました。

成人の日の文章・例文

例文1.つつがなく成人の日を迎えられましたことを、心よりお祝い申し上げます。
例文2.成人の日を迎えて20歳になったから、お酒を飲みに行こうよ。
例文3.成人の日おめでとう!とうとう大人の仲間入りですね!
例文4.ご子息様のご成人、心よりお祝い申し上げます。輝かしい将来になることを祈っております。
例文5.お互いに離れた土地で成人の日を迎えることになりましたが、お互いに頑張りましょう。
このように「成人の日」とは誰かを祝福するときに使用する言葉として使われております。そして誰に言われるかで言葉遣いも変化するので注意しましょう。

成人の日の会話例

  • 質問者アイコン

    成人おめでとう。あなたも無事に成人の日を迎えられてホントに良かった!これからはもう大人だね。

  • 回答者アイコン

    今まで育ててくれてありがとう。これからは親孝行せきるよう頑張ります。

  • 質問者アイコン

    あなたなら大丈夫だよ。一度きりの人生だから後悔しないように。

  • 回答者アイコン

    人の役に立てる仕事をやりたいから、将来は看護師になりたいと思ってるよ。

このように親子での会話はとても感動的ですよね。親への感謝の気持ちと、子供が大人になったと実感できる親の嬉しさが伝わってきます。そのような意味でも「成人の日」というのは特別なものです。

成人の日の類義語

「成人の日」の類義語は、「成人」や「小正月」などが上げられます。

成人の日まとめ

どの様な場面で「成人の日」を使用し、どんな意味や由来があるのかお分かり頂けたでしょうか?「成人の日」の歴史は長く、誰にとっても大切な1日になります。しかし、最近では新成人が騒いだり、トラブルを起こしたりでニュースに取り上げられることが頻繁に起こっています。このような輝かしい晴れの日が、トラブルのニュースではとても悲しいですよね。こどもから大人になったことを自覚してほしいとの想いが込められてこの日を祝日にしていますので、マナーを守り、心に残る一日にしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事