彼岸花の花

彼岸花(ひがんばな)

曼珠沙華(まんじゅしゃげ・まんじゅしゃか)、死人花、地獄花、狐花、捨子花など他にもたくさんの別名を持つ彼岸花は秋のお彼岸の期間、3日間だけ咲くといわれる花です。赤い色が有名ですが、実は白、黄色などの色もあり、それぞれ花言葉が違うようです。今回は彼岸花の花言葉や由来などについて紹介していきたいと思います。

彼岸花の意味

開花時期は7月〜10月で花が咲いてから葉が伸びる少し変わった特徴の花です。
全体の花言葉は「情熱」「独立」「再開」「諦め」「転生」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
赤は「情熱」「独立」「再開」「諦め」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
白は「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
黄色は「追走」「深い思いやりの心」「悲しい思い出」
となっています。彼岸に咲く花ということで少し怖い印象を持たれることが多いですが、花言葉は亡くなった人を想う寂しく切ない言葉がつけられています。

彼岸花の由来

赤い色から「情熱」や「思うのはあなた一人」という花言葉がつけられたとされています。彼岸花は昔から持ち帰ると火事になる、やら彼岸花を積むと死人が出る、手が腐るなどの迷信が広まってしまったために現在でも彼岸花に対して恐ろしく不吉な印象、怖い花言葉があると思う人が多いようです。
また、球根などに毒があり、モグラやネズミ、土中の虫から土葬した遺体を守るためにお墓の近くに植えられているようです。

彼岸花の文章・例文

例文1.彼岸花には怖い印象があるけど花言葉は全く怖くない
例文2.時代物の漫画などで彼岸花で人の死を表現する場合がある
例文3.彼岸花の不吉なイメージは全て昔の人が広めた迷信だった
例文4.埼玉県の巾着殿は彼岸花の名所と呼ばれている
例文5.リコリスや曼珠沙華などと色んな名前がついているが全て全く同じ彼岸花のことを指している
実は品種改良がされ何百と様々な品種、色の彼岸花があるそうです。ただ日本ではイメージ的にも人気は高くなく流通が少ないため見られるのは赤、黄色、白の三色がほとんどです。

彼岸花の会話例

  • 質問者アイコン

    最近知ったんだけど、彼岸花って花言葉は全然怖くないんだな。

  • 回答者アイコン

    そうね。ただ死をイメージするから色んな迷信とかイメージがついたけど、また会う日を楽しみにとか思うのはあなた一人とか素敵なものもつけられているのよ。

  • 質問者アイコン

    悲しい思い出とかもあったよな、怖いというよりは少し寂しい感じだなぁ。

  • 回答者アイコン

    ま、でもまた来世会えると思えばそんなに寂しくならないんじゃない?なんてね。

彼岸花の花言葉を知り考えを改める男性と女性の会話になります。

彼岸花の類義語

白いカーネンションも亡くなった人を思う花言葉が、紫のヒヤシンスには「悲しみ」や「悲哀」という意味の花言葉がつけられています。

彼岸花まとめ

人の死に対して様々な思いが人ぞれにあるかと思います。彼岸花は悲しみを表し、亡くなった方への思いを伝える花になります。また会える日を楽しみに、や転生などの意味もあるのでネガティブな花ではないのかなと思いますが、この花は基本この時期に咲いているから連想するもの、毒があるのでお供え用にはできません。また、イメージや花言葉的に贈り物には適していないので注意してください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事