差し押さえの判決が出てしまった人

差し押さえ

ドラマなどの表現で「差し押さえ」という紙をたくさん貼られた家具などに暮らしている場面などがあります。「借金のかたに…」などといったセリフとセットで使われることの多いこの言葉、あなたはこの意味を正しく知っているでしょうか。
強制執行などの言葉と一緒に覚えてみてはいかがでしょう。

[adstext]
[ads]

差し押さえの意味とは

強制執行の一種であり、債権者が債務者に対し滞納し続けた借金や税金などを回収するために行う法的手段です。

差し押さえの由来

法的手段によってこの差し押さえを行うためには、「債務名義」(強制執行によって実現されることが予定されている請求権の存在、範囲、債権者、債務者を表示した公文書)が必要になります。
主に用いられる債務名義は「確定判決」「仮執行宣言付判決」「和解調書|調停証書」「公正証書」が多くあります。

差し押さえの文章・例文

例文1.差し押さえによって家を売り飛ばすことになってしまった
例文2.この間、債権者である銀行に確認したら差し押さえするために手続きしているらしい
例文3.この差し押さえによって、私は心を入れ替えようと思った
例文4.差し押さえされてしまったら、もう生活できないじゃないか
例文5.差し押さえは強制執行の一種であり、強制力が強い
差し押さえについて、悪いイメージのほうがあります。しかし、差し押さえられている人は、お金を借りるような経済力しかないということも忘れないでいてほしいです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

差し押さえの会話例

  • 質問者アイコン

    借金の利息がかさみ、もう払えないよ…この宝くじさえ当たれば…

  • 回答者アイコン

    あなた、もしかして差し押さえとかされないでしょうね。この家がなくなってしまったら、私たちはどうしたらいいの?

  • 質問者アイコン

    大丈夫だよ、この宝くじがあたったら、生活も楽になるから。大丈夫だよ。

  • 回答者アイコン

    そんなこといって、こないだも全然当たらなかったじゃない…私はもう限界よ。

差し押さえをすることで、債務者が破産してしまう場合があるので注意が必要です。

差し押さえの類義語

差し押さえの類義語として、「強制執行」「仮差し押さえ」などがあげられます。

差し押さえまとめ

債務者に対して、差し押さえするということは最終手段に近いです。ドラマのような状況は、日常生活において無縁と言って過言ではありません。しかし、そのようなことに巻き込まれてしまう可能性はどこにでも転がっているのです。
そんなことにならないようにお金の管理はきっちりしていきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事