巣ごもり消費とは自宅のみで消費活動が出来るということです

巣ごもり消費(すごもりしょうひ)

インターネットの普及に伴い世の中は一気に変化を遂げました。そして、消費の携帯にも大きな影響を与えています。ひと昔前までは消費をするには店舗へ行き、その場で商品を手に取り、購入をして家に持って帰って使うという流れが一般的でした。しかし、ネットが普及した事で極端な話、家から一歩も出ずに消費活動を行う事も出来るようになりました。これはある意味では革新的かもしれませんが、一方で現代人の生活習慣病を誘発するなど決してメリットばかりという訳ではありません。では、今回はそんな社会背景もたどりながら最近はやりの「巣ごもり消費」について紹介をしていきます。

[adstext]
[ads]

巣ごもり消費の意味とは

冒頭の説明文やその言葉からある程度意味合いはつかめているでしょうが、一言で言うなら自宅のみで消費活動を完結するような行為の事を指します。現在はWEBが非常に発達をしてきておりますので、これまでのようにわざわざ店舗に行かなければいけないという流れはありません。むしろ、カタログ販売・ケータリングなど自宅に届けてくれるサービスが勢いをましています。その証拠にAmazonなどのネット通販会社は異常な伸びを見せています。

巣ごもり消費の由来

巣にこもるひな鳥をもじってつけられた名前です。実は、意外にも使われたのは早く、すでに2008年時点では使われていた言葉でした。契機になったのは2008年に行ったリーマンショックによる景気低迷による「節約志向」「縮み志向」を後押しした事による現象です。

巣ごもり消費の文章・例文

例文1.日本にかぎらず世界中で巣ごもり消費の勢いがましている
例文2.巣ごもり消費が一般化して広まっていけばいくほど店舗を持って運営をしている会社は経営が厳しくなる
例文3.巣ごもり消費に慣れすぎると外に出る習慣がなくなるためあまりよくない
例文4.巣ごもり消費がさらに勢いを増していったとしても飲食店がなくなる事はないだろう
例文5.巣ごもり消費市場は毎年大きくなっている
巣ごもり消費は日本のみならず、全世界的に見られる傾向となっています。それによって企業も明暗が分かれており、AmazonやYahoo!などのようなWEB企業は飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けるものの、WEBに対する対抗策をキチンと講じれていない企業は軒並み成果が下がっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

巣ごもり消費の会話例

  • 質問者アイコン

    最近我が家で巣ごもり消費状態の息子がいてなかなか外に出ないから心配なんだよね。

  • 回答者アイコン

    それは確かにちょっと心配ですね。便利は便利ですけど、それに味をしめてしまうと自分で色々とやらなくなってしまいますからね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよね。便利にやれる事は良い事だけどそれだけに目がいかないようにして欲しいな。

  • 回答者アイコン

    そのためにはWEBの利用もある程度制限が必要かもしれませんね。

最近ではWEBに頼りっきりで外にあまり出ないという人も増えてきています。一般的にはその状況は健全な状態ではないと言われているため、心配をして話のネタとして出すパターンはあるでしょう。

巣ごもり消費の類義語

巣ごもり消費はその他にも、「家ナカ諸費」「ウチごもり消費」というような言われ方をされる事があります。

巣ごもり消費まとめ

いかがでしたでしょうか。今の流れとしてはずっと家にいる事はあまり良い印象を受けませんが、今後はますます巣ごもり消費が進んでいく事が予想されます。その中で企業側の努力としてはいかにして家にいるお客さんにも購入をして頂ける仕組みを作る事だと思いますう。今後どのような新しい仕組みが出来ていく事になるのか楽しみです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事