大奥(おおおく)

2010年に公開された日本映画「大奥」は日本で大ヒットを生み出し「大奥」という言葉について馴染みのある方も多いでしょう。では「大奥」とはどう言った意味なのでしょう。映画のタイトルなのは知ってるけど深く考えた事がない方も多いですよね。今回は「大奥」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

大奥の意味とは

「大奥」とは、江戸城に存在した将軍家の正室、奥女中たちの居所のことを指します。あるいは、江戸時代の大大名家の奥向の別称でもあります。

大奥の由来

「大奥」は、徳川家康の時代から、江戸城に「大奥」と呼ばれる区画は存在していました。しかし当時は、政治を行う「表」と、城主とその家族の私的な生活の場の「奥」の境界が存在していませんでした。徳川家光乳母の春日局によって組織的な整備がなされていき、現在知られる形の大奥に整えられていきました。また、大奥は初めから「大奥」の区画に分けられていた訳ではなく古くは「表」「中奥」「大奥」の3つに区分されていました。

大奥の文章・例文

例文1.広敷は大奥の玄関口である。
例文2.大奥は2010年に映画のタイトルとして有名だ。
例文3.大奥は基本表に出る事はありませんでした。
例文4.大奥は古くは「表」、「中奥」「大奥」の3つに区分されている。
例文5.徳川家光乳母・春日局によって大奥は整備されました。
「大奥」に関する一般的な例文です。

大奥の会話例

  • 質問者アイコン

    僕とっても好きな映画があって、2010年に公開された大奥って映画みた事ある?

  • 回答者アイコン

    もちろん知ってるよ!あの映画すごい面白いよね。ほんとにあんな世界があったなんて信じられないよね。

  • 質問者アイコン

    本当にそうだよね!大奥は昔は3つの区分に分けられていたんだけど、徳川家光乳母・春日局によって一つの大奥になったんだよ!知ってた?

  • 回答者アイコン

    全然知らなかった。〇〇くんほんと大奥について詳しいんだね。私も大奥について興味が湧いてきたから調べてみるよ。

「大奥」に関する一般的な会話です。

大奥の類義語

「大奥」の類義語には「表」や「中奥」などが挙げられます。

大奥まとめ

「大奥」は江戸城に存在した将軍家の子女や正室、奥女中(御殿女中)たちの場所であり、地位の高い家柄の女性の居所である事が分かります。「大奥」は映画の舞台として用いられる事も多くあり、「大奥」について理解を深めてから映画を見ても面白いかも知れません。「大奥」について興味を持って頂けましたでしょうか。もし興味がある方は、「大奥」について深掘りしてみましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事