受験前に寝てしまう四当五落だ

四当五落

受験シーズンにさしかかってくると、寝る間も惜しんで勉強に全力投球したくなることもあります。受験生の必死な思いを、カタチにしたような四字熟語が四当五落です。四当五落の意味についてチェックしていきましょう。

四当五落の意味とは

四当五落とは本命の学校に受かるための必勝法のひとつで、4時間睡眠ならサクラ咲く・5時間睡眠なら不合格という意味があります。悠長に眠っている暇があるなら、その分を受験勉強にまわそう…というたとえです。ただ現代ではしっかりと睡眠をとって、勉強をする事の方が効率が良い事がわかっています。

四当五落の由来

四当五落は学歴競争が厳しさをます昭和のころ、塾や学校の先生たちの間で自然に生まれた言葉です。もちろん四当五落の科学的な根拠やデータは、どこにもありません。限られた24時間を少しでも有効に使いなさい…という、指導する先生たちの熱い想いがこめられた言葉。希望の学校にパスしたいなら、まずは気持ちを引き立てることが重要です。

四当五落の文章・例文

例文1.四当五落、今こそ力を出し切ろう。
例文2.なせばなる、四当五落という名言を思い出し頑張ろう。
例文3.センター試験まであと少し、四当五落の想いで勉強をおこなった。
例文4.少年老い易く学成り難し、四当五落を忘れないように。
例文5.四当五落と俗にいわれるが、風邪をひいたときには休むことも必要だよ。
受験生を駆り立てる言葉のひとつが四当五落。たった1時間の差が、合格・不合格を分けることもあるかもしれません。体調管理をおこないながら、目の前の壁を確実にのぼっていきましょう。

四当五落の類義語

受験勉強を応援する関連語として、「蛍雪の功」「一心不乱」「粒粒辛苦」などがあります。蛍雪の功は、たとえ苦しい状況でも努力を続けることの大切さを説いた言葉です。

四当五落まとめ

四当五落には4時間睡眠だと不合格、5時間睡眠だと晴れて合格できる…そんな例えが込められた言葉です。受験生のやる気を引き出す名言ですが、科学的な根拠はありません。わずかな時間も大切につかい、体調管理をおこないつつ受験に臨むことも、希望学校の合格切符をもらうためのテクニックです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事