加工アプリを使おう

加工アプリ(かこうあぷり)

現在SNSやブログで、様々な写真をあげてそれに対しての「いいね」をもらうことに力を入れている人が多いと思います。そして、驚くべき点はその写真の加工技術ではないでしょうか。風景写真ひとつとってみても、プロが撮ったように加工されていたり、上手く遠近感を利用していたり。人物写真に至っては、被写体の顔の輪郭や顔のパーツの大きさも変えられるというのだから驚きです。そうした「加工アプリ」について解説していきたいと思います。

加工アプリの意味とは

加工アプリとは、撮った写真を編集・加工するためのアプリケーションソフトの総称です。少し昔ではプロしかできなかったような技術を、現在ではスマートフォンのアプリケーションとして一般ユーザーが扱うこともできます。有名なアプリには「SNOW」がありますね。

加工アプリの由来

セルフ加工の文化として捉えるのならば、日本においては「プリント倶楽部(プリクラ)」が始まりと言えるのではないでしょうか。プリクラは1995年に発売され、ペンタブレットを使って文字の記入や、フレームの変更、スタンプを貼るということができるもので、幅広い人気を集めていました。加工アプリと比べてみてもその機能がとても似通っている点から、プリクラから発展してきたものが現代の加工アプリと言えますね。

加工アプリの文章・例文

例文1.加工アプリはたくさんの種類が存在している
例文2.オススメの加工アプリを教えて欲しい
例文3.加工アプリが多すぎて、どれを使おうか悩む
例文4.過度な加工アプリでの編集はもはや詐欺だ
例文5.加工アプリは扱いが難しく感じる
実際、加工アプリのユーザー層は10〜20代の女子層に多く、どういった加工アプリを使っているという会話もよく聞くのではないでしょうか?

加工アプリの会話例

  • 質問者アイコン

    この写メを編集したいんだけど、どういう加工アプリがオススメかな?

  • 回答者アイコン

    やっぱり王道でSNOWじゃない?
    使ってる人が多いしね。

  • 質問者アイコン

    なるほどね!じゃあダウンロードするから、使い方を教えてくれる?

  • 回答者アイコン

    いいよ!簡単なことなら教えらるし。

男性からしてみたら、使い方に疎い場合もあるので例のような会話になることもあるのではないでしょうか?

加工アプリの類義語

上記でも少し触れたように、似た存在のものとしては「プリント倶楽部(プリクラ)」が挙げられますね。今でもゲームセンター等に多少ありますが、以前ほどの人気はないようです。

加工アプリまとめ

加工技術の進歩というのは改めてすごいものだと感じられるのが、現代の加工アプリです。ただ、過度な加工は他者からみたら詐欺のようだと感じられることもあるので、自己満足の域で止めるのがいいのかもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事