債務整理を依頼した

債務整理(さいむせいり)

インターネットやSNSを見ている途中に現れる広告で、借金関する減額やなかったことになるといったような文章を見かけたことはないでしょうか。胡散臭さは感じるかもしれませんが、これらは弁護士事務所が出している「債務整理」に関する広告であることがほとんどです。ではこの「債務整理」に関して解説していきたいと思います。

債務整理の意味

債務整理というのは、簡単に言えば借金を減額したり、支払いに余裕を持たせるための措置のことを言います。この借金というのは、例えばクレジットカードを使いすぎて支払いができなくなってしまった、キャッシングサービスでお金を借りすぎて利息が膨らんで返済が難しくなったといったものを指しています。
主に債務整理には4つの手続きがあります。
1.過払金請求=貸金業者に多く支払ったお金を返済してもらうための措置
2.任意整理=借金の減額や金利の引き直しを計算し、月々の生活に支障がない範囲で返済できるように返済額を組み直す措置
3.民事再生=現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらった上で、3年〜5年かけて分割で返済する措置
4.自己破産=財産がないことを裁判所に認めてもらった上で、借金の返済義務を免除してもらう措置
債務整理を行うにあたって、クレジットカードが作れなくなったりローンが組めなくなるというデメリットはありますが、人生をリスタートさせるための措置として存在しています。

債務整理の由来

もともとを辿ると、高度経済成長期に銀行からお金を借りることが難しい人にお金を貸すためのビジネスとして消費者金融が台頭するようになりました。しかし、膨れ上がった借金苦による自殺者が後を絶たなかったため、2006年に貸金業規制法が制定されました。その中に債務整理という措置があります。

債務整理の文章・例文

例文1.借金が膨らんでしまったから債務整理するしかない
例文2.債務整理で人生をリセットしよう
例文3.弁護士に債務整理の相談をしようと思っている
例文4.債務整理をすることに不安がある
例文5.債務整理でなんとかなるだろうか
借金に対しての救済措置であるものの、言葉の印象としてはマイナスイメージがある方も多いでしょう。

債務整理の会話例

  • 質問者アイコン

    実は、借金が1000万円ほどあってどうしようか悩んでるんだ。

  • 回答者アイコン

    1000万円!?なんでそんなになるまで放っておいたの!
    早く弁護士に相談したほうがいいよ!

  • 質問者アイコン

    もう弁護士に相談はしてて、債務整理の話は聞いてきたんだ。

  • 回答者アイコン

    だったらもう債務整理していくしかないよね。

借金に困ったら、迷わずに弁護士に相談するのが一番でしょう。

債務整理の類義語

債務整理は借金の見直しと組み直しのことなので、近い言葉としては「借金返済」や「弁済」といった言葉がニュアンスとしては近いものにあげることができます。

債務整理まとめ

債務整理に関して簡単にまとめてきましたが、上述したように債務整理は自己破産といった手続きも含まれますが、それで人生が終わりというものではありません。むしろ借金の内容を見直して可能なら減額でき、生活に支障が出ない範囲で組み直すためのもので、人生の新しいスタートのためにある措置です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事