偉業を達成したようす

偉業(いぎょう)

今年にはオリンピックもあることから、スポーツ選手の活躍への期待が高まってきているのではないでしょうか。そんなとき、「偉業を達成した若き選手」だとか、そういったところで「偉業」という言葉を聞いたことがありませんか?
偉業を果たした人として、「偉人」という言葉もあります。では、その偉業という言葉の意味についてあなたは正しく知っていますか?この「偉業」という言葉について詳しく見てみましょう。

偉業の意味とは

偉業とは、偉大な功績や、立派なようすを指します。
例えば、オリンピックなどにおいて、長年悲願であった金メダルを取ることは、とても立派な行為です。そんな行為をたたえて、「偉業」という言葉が用いられます。

偉業の由来

「偉業」の「偉」には、「偉大」「立派な」という意味があり、「業」には「その仕事」「行い」などの意味があります。その二つの意味を用いて「偉業」という言葉ができました。

偉業の文章・例文

例文1.長年王者を守り続けるという偉業を果たした彼女は、今は引退して幸せな生活を送っている。
例文2.偉業を達成した後のことは何も考えてなかったが、これからは気を楽に人生を送りたい。
例文3.今年のオリンピックは東京でおこなうので、偉業を達成する姿を見ることができるのがうれしい。
例文4.父の偉業によって、息子である僕の肩身がせまい。
例文5.偉業を果たすには、継続的な努力が必要になる。
偉業を達成しようとしたら、多大な努力が必要なります。

偉業の会話例

  • 質問者アイコン

    この間のラグビー戦みた?強豪であるイングランドとかとも熱戦してたじゃないか!すごい!

  • 回答者アイコン

    日本チームとしては、快挙ともいえるわね。本当に盛り上がったわ。

  • 質問者アイコン

    快挙?偉業だろ!だって、もうこれは偉大なことをしたと思うからね。

  • 回答者アイコン

    あれは、「胸がすくような痛快な行為」という意味の快挙のほうが適しているわ!

快挙と偉業の言葉の意味、あなたは正しく知っていましたか?ここでおさえておきましょう。

偉業の類義語

偉業の類義語として、「快挙」「功績」などがあげられます。

偉業まとめ

偉業という行為を成し遂げることができる人は限られています。大器晩成な人や破竹の勢いがある人が積み重ねてきた歴史のページを更新することは容易ではないのです。
偉業を成し遂げたいという野望があることは、その人の人生にとって大きな目標と言えるでしょう。あなたも、偉業とは言いませんがなにか目標を設定し、成し遂げてみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事