個人再生の審査が通った人

個人再生(こじんさいせい)

自己破産という言葉を知っている人は多くいますが、この言葉はあまり聞いたことがありませんよね。民事再生とも呼ばれるこの言葉、一定の収入が見込めるひとにとっては自己破産よりもこの個人再生のほうが適している人もいるかと思います。
今回は、個人再生についてご紹介します。

個人再生の意味とは

個人再生の意味とは、車などの大きな財産を維持したまま(ローンがあるものに関しては除く)大幅に減額された借金を原則として3年間で分割して返済していくという手続きのことを指します。
自己破産とは違って、車などの換金性が望める大きな財産を維持したまま借金が減額されるという点や、安定した収入が必要であること、借金の原因が問われないことが異なります。

個人再生の由来

個人再生のデメリットとしては、すべての債務が対象となり、保証人に取り立て請求がいってしまうこと、クレジットなどの使用ができないブラックリストに登録されること、国が発行する機関誌「官報」に掲載されること、手続きに手間がかかるということがあげられます。

個人再生の文章・例文

例文1.個人再生によって大幅に減額された借金完済に向けて頑張る。
例文2.個人再生することによって、クレジットカードの使用ができなくなった。
例文3.個人再生は、ローンを組んでいるものは手放さないといけない。
例文4.任意整理とは異なり、個人再生はすべての債務が対象となる。
例文5.自己破産が嫌な人は、個人再生を考えてみてもいいかもしれない。
自己破産だけではなく、個人再生という手続きもあるということを知っているかどうかで選択しが広がるでしょう。

個人再生の会話例

  • 質問者アイコン

    借金が膨れ上がって、もう支払えないよ。でも、せっかくマイホームも買ったから自己破産は嫌だ…

  • 回答者アイコン

    なら、個人再生をしてみたら?あなたの給料なら、借金が減額されれば支払えるでしょう。

  • 質問者アイコン

    え…本当に?僕には車もあるんだけど…でも手放したくないんだ。

  • 回答者アイコン

    ローンがあるものは手放さないといけないけど、それじゃないなら手放す必要はないわ。

このようにして、自己破産よりも個人再生のほうが適している人もいます。

個人再生の類義語

個人再生の類義語として、「自己破産」「任意整理」「債務整理」などがあげられます。

個人再生まとめ

自己破産をすることは抵抗がある人も個人再生ならすこしは抵抗がないかと思います。しかし、その個人再生を行うためには書類がとても多く、個人で行うには難しいため弁護士を雇ったほうがよいでしょう。
自己破産や個人再生のメリットデメリットをきちんと理解して、悔いの残らないようにしましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事