俗用多端な職場

俗用多端(ぞくようたたん)

今日、多くの人は忙しくなかなか自分の時間を取れないことが多いと思います。
仕事が忙しく、家で家族と過ごす時間をなかなかとれなかったり、バイトや学業、スポーツなどで忙しく、自分の趣味の時間をとれなかったりと様々な状況が考え
られますが、一意に用事があり、忙しい様を表す言葉として「俗用多端」という言葉があります。では一体、俗用多端とはどのような意味であるのかみていきま
しょう。

俗用多端の意味とは

俗用多端とは、雑事に追われて忙しい様を意味します。俗用多端においての俗謡は雑事を表すのですが、一般的には煩わしい仕事などネガティブな仕事のことを指し示します。

俗用多端の由来

俗用多端の「俗用」とは主に煩わしい仕事や雑務を表し、「多端」は忙しいことを表しています。そのことから、俗用多端は雑事に追われて忙しい様を表すために使われるのです。

俗用多端の文章・例文

例文1.
社会人になってからというもの俗用多端な日々が続いている。

例文2.
休日は家でゆっくりと休暇を取ろうと思っていたが、急に仕事の電話がきて俗用多端な1日になってしまい、非常に残念である。

例文3.
海外での生活は日本にいた時とは違い、俗用多端とは正反対な生活をしている。

例文4.
やりたいことがたくさんあっても、今の俗用多端な生活では、厳しいものがある。

例文5.
俗用多端な日々に飽き飽きしてしまった。

俗用多端は、あまりいい意味で使われることが少なく、どちらかと言えばネガティブな意味で用いられる。

俗用多端の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば今年は、旅行にいかないのかい?毎年行っているのに。

  • 回答者アイコン

    今年は、俗用多端日々が続いていてね。休暇が思った以上にとれなくてね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。まあ、あんまり頑張りすぎるのもよくないからな。

  • 回答者アイコン

    そうだね。できるだけ休暇を取るようにするよ。

俗用多端は、使うのは特定の場合に絞られますが、日常生活では使う場面は多いと思います。なので意味を理解しておいて損はないでしょう。

俗用多端の類義語

俗用多端の類義語としては「悠々閑々」「猫の手も借りたい」などがあげられます。

俗用多端まとめ

今の時代余裕を持っている人の方が少なく、俗用多端な人多いような印象がありますので、仕事をしているとなかなか忙しく、やりたいことができないことが多いと思います。だからこそ、普段から通学、通勤などの空いた時間を利用して時間を有効活用することができるといいですね。そしたら、俗用多端な日々も充実した1日になることでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事