今川義元の鎧イメージ

今川義元(いまいよしかげ)

戦国時代はゲームなどで多く取り入れられており、戦国時代武将が好きという人も多くいるかも知れません。今回は「今川義元」について解説していきます。戦国時代のことなんて今は関係ないと思っている方も多く存在します。ですが「今川義元」は領土経営に優れた優秀な戦国大名と呼ばれるほどビジネス面でも優れていた人物でした。そんな「今川義元」とはどんな人物だったのか学んでいきましょう。

[adstext]
[ads]

今川義元の生い立ち

「今川義元」は戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名です。今川氏第11代当主。姉妹との婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義理の兄弟にあたります。「海道一の弓取り」の異名を持つ東海道の広大な地域の支配者。寄親・寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才覚を発揮して今川氏の戦国大名への転身を成功させました。

今川義元の人物像

「今川義元」といえば、お歯黒をして公家風な姿で、馬にも乗れなかった軟弱武将というものではないでしょうか。永禄3年の桶狭間の戦いで、2万5000もの大軍を擁しながら、たった2000の織田信長に討たれたことがマイナスイメージにつながりそのイメージになったと言われております。しかし、それは馬に乗れなかったわけではなく、足利将軍家から塗輿に乗ってよいという特別許可をもらっていたからでありました。今川家は足利一門の名家で、尾張の田舎大名織田信長を権威で圧倒するため、輿に乗って出陣したわけであるが、かえってそれが仇になってしまいました。

今川義元の偉業

偉業1.「海道一の弓取り」の異名を持つ東海道の広大な地域の支配者。
偉業2.領土経営にとても優れた武将だった。
偉業3.今川家は足利一門の名家である。
偉業4.学問にも興味を持っており、学力向上を政策に盛り込んだ。
偉業5.2万5千もの兵力を持つ将軍。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

今川義元の作品や名言

⑴住職は弟子の持つ智恵や能力を検討せずに、勝手に寺を譲ってはならない。⑵汝既に成長しけれども、童心未だ失せず。⑶寄親は今川家への奉公を第一に心がけ、与力にもそう言葉かけよ。⑷義元の矛先には魔物だろうと鬼だろうとかなうまい。⑸昨日なし 明日またしらぬ人はただ 今日のうちこそ命なりけれ。

今川義元まとめ

「今川義元」についてお分かり頂けましたでしょうか。「今川義元」は2万5千もの兵力で織田信長の2千の兵力に敗れた事が知られていることから、あまり優秀ではない悪いイメージを持っている方も多く存在します。ですが実際は領土経営に関してとても優れていて優秀な人物ということがお分かり頂けたことでしょう。戦の勝敗だけではなく様々な面にフォーカスすることによりその人物の人柄や優れている所が見えてきます。もし「今川義元」に興味を持った方は「今川義元」が世に残したモノなど深掘りしてみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事