築いてきた人脈

「人脈」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

人脈(じんみゃく)

会社の飲み会やイベントに積極的に参加して人脈を作った方がいいと言われたことがある人はいるでしょうか。人脈を広げるといろんな人に仕事を頼めたり、仕事がもらえたり、遊びに誘ったり誘われたりと充実した生活を送ることができます。中には「人を金儲けのための道具だと思っているいるような感じがするから人脈という言葉が嫌いだ」と主張するタレントもいます。人脈とはどういう意味があるのでしょう、これから解説していきます。

[adstext]
[ads]

人脈の意味

人と人との繋がりのこと。同じ業界、組織の中で主張や利害が一致している(同じ系統に属する)人の繋がり。
出身地や学閥などを仲立ちとした人々の社会的な繋がりのことを言います。

人脈の由来

山脈や鉱脈になぞらえた語になります。
「山脈」とは、山が列となってひとつづきに連なったものをさします。峰の連なりなどの山並みを連想できるものとして、昔から山脈と言われてきました。

人脈の文章・例文

例文1.人脈を広げていたおかげで仕事で困った時に助けてくれる人がいて助かった
例文2.相手に気に入られなければ人脈は作れない
例文3.人脈を広げると言うのも結構技術がいるので大変だ
例文4.顔が広い事と人脈が広いことは意味が違うらしい
例文5.仕事に生きる人間ならば人脈は大切だと思う
人脈というのは交友関係とは違うのでビジネスシーンで使われることが多いです

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

人脈の会話例

  • 質問者アイコン

    なんで昨日の懇親会に来なかったの?人脈を広げるチャンスだったのに。

  • 回答者アイコン

    ちょっと私用があったもので。
    それに私は仕事の人脈を広げたいわけではないので。

  • 質問者アイコン

    そんなこと言ってると仕事なくなるぞ。せめて顔出すだけでも良いから次は参加しろよ。

  • 回答者アイコン

    すみません。

仕事をする上では人脈を広げるのも大事なことかもしれません。

人脈の類義語

人脈に近い言葉では、「顔が広い」があげられます。

人脈まとめ

顔が広いと言う言葉とは違い、人脈はビジネスにおいて仕事を円滑に進めるためだったり、自分の利益につながる相手を指しているので、冒頭で記した「金儲けの道具だと思っているよう」と言うのにも確かに頷けます。ビジネスの関係にある人との接待などもこの人脈を作るために行われています。利益に関係なく社内やプライベートで仲のいい人を増やしたいと言う意味であれば、「人脈を広げたい」と言うのではなく「交友関係を築きたい」と言った方が良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事