会社組織は上位下達で成り立っている

上位下達(じょういかたつ)

伝言ゲームというものからもわかるように人から人へ物事を一字一句違わず伝えるということは思うより難しいですよね。ただ、会社の組織、団体などで間違った情報が伝わってしまうと時には大変なことになってしまうこともあると思います。滞りなく意志や命令を伝達するということを表すものとして上位下達という言葉があります。今回は、そんな上位下達に説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

上位下達の意味とは

上位下達とは、上位、上層の命令や指示などを下位、下層へ円滑に伝えさせるという意味です。
組織においては、この上位下達は非常に重要であり、意志や命令系統はもちろん意図も汲むことが求められます。

上位下達の由来

上位下達は、上位という組織、団体において役職や地位が高い人を表す言葉と下達という組織、団体における末端に伝えるという意味である言葉を組み合わせて成り立っていると考えられます。

上位下達の文章・例文

例文1.新しいコミュニケーションツールを導入することによって効率よく上位下達が行われる。
例文2.上位下達に指示を伝えることができていない原因がどこにあるのか探る。
例文3.この組織は上位下達だけでなく、下意上達も行われており多くの人の意見が反映されている。
例文4.上位下達を徹底することにより、コミュニケーションエラーが起きることを未然防ぐ。
例文5.インターネット普及により上意下達が滞りなく行われるようになった。
これらから上位下達は、伝達をするさまを表す際に使われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

上位下達の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、今年から講義などに関する連絡が掲示板だけでなく、メールでも通知されるようになってコミュニケーションエラーがほんと少なくなったよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。上意下達が徹底されていてとても助かるよ。

  • 質問者アイコン

    休講情報とか緊急の連絡もすぐに気が付くことができるしね。

  • 回答者アイコン

    うん。今後もより、伝達手段がよくなるといいね。

このように上位下達は使う機会があると思うのでぜひ覚えておきましょう。

上位下達の類義語

上位下達の類義語には、「服従」「トップダウン」などがあります。

上位下達まとめ

ビジネスシーンでは上意下達を使う機会があると思います。そんな状況で意味を知っておけばとても役に立つことでしょう。また、上位下達だけではなく、下意上達も一緒に覚えておけるとさらに役に立つこと間違いありません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事