三千世界にとどろいているようす

三千世界(さんぜんせかい)

寺カフェなるものやお坊さんバーなどが流行っている昨今、こうした仏教用語においても少し身近に感じるようになってきているのではないでしょうか。しかし、その言葉の意味を正しく知っていますか?今回は、有名な歌にも出てくる「三千世界」という言葉について解説いたします。

三千世界の意味とは

三千世界の意味とは、仏教の世界観における全宇宙のことをさす、三千大千世界の略称のことです。

三千世界の由来

この世とは、須弥山(しゅみせん)を中心としてその周りに四大州、さらにその周りに九山八海があるとされており、これをもって一つの小世界としています。この小世界を1000集めたものが小千世界、小千世界をさらに1000集めたものが中千世界といいます。
そして、この中千世界を1000集めたものが大千世界と呼ばれ、小・中・大の3種からなっていることから三千世界となっているのです。

三千世界の文章・例文

例文1.お釈迦様は、三千世界においてすべてを見通している
例文2.この不動明王は、三千世界に名をとどろかせており、有名である
例文3.三千世界にとどろくような大声を響き渡らせた
例文4.この人こそが、三千世界においても唯一の人だろうと思う
例文5.三千世界と私たちが認識している宇宙は近いようで違う存在だ
このようにして、仏教において使われることのほうが多く、日常的にはあまり用いません。

三千世界の会話例

  • 質問者アイコン

    「この三千世界においても、私はただ唯一の人である!」っていうセリフがあるんだけど、これって…

  • 回答者アイコン

    どんな世界においてもここにいるのは私一人だって意味じゃない?ただ唯一って言ってるし。

  • 質問者アイコン

    まるほど、ならここの意味も通るね、ありがとう。てことはこの作者は仏教なのかな?

  • 回答者アイコン

    仏教とかどうかはあまり関係がないと思うわ。使う言葉に宗教の差はないもの。

仏教用語から来ている熟語も多く存在しているので、必ずしもその人が仏教かどうかは関係ないです。

三千世界の類義語

三千世界の類義語として、「世俗」「苦界」「常世」などが挙げられます。

三千世界まとめ

歌詞でも、漫画などのキャラクターの技名前でも使われるこの言葉。あなたは意味を正しく知っていましたか?このように調べてみると、宗教からみた世界と科学などで証明されている世界とはすこし異なってきます。では、三千世界とはどのようにして作られたものなのでしょうか。このようにして、どうしてそのような枠組みにしたのかなどを追求してみても面白いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事