仕事で一泡吹かされてうなだれる男性

一泡吹かせる(ひとあわふかせる)

「一泡吹かせる」とは相手の不意をつき、驚かせたり慌てさせることをいいます。よくスポーツなどで、強い相手に対して一泡吹かせるという使われた方がするので、よく耳にする言葉だと思います。今日は「一泡吹かせる」について実際にどういった場面で使われる事が多いのかも、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

一泡吹かせるの意味とは

一泡吹かせるの意味は、相手の不意をついたり、意表をついたり予想外のことをすることです。また不意をついたり予想外のことをするというのは力関係で言えば、弱い者が強いものにするケースが多くなり。勝つための1つの戦略と言えます。また一泡吹かせる場合の多くは相手の隙や油断に付け込んでいく事になりますが、そういった創意工夫も弱者の戦略としては価値があるのです。

一泡吹かせるの由来

一泡吹かせるの由来は、首をしめて苦しい状態だと口から泡を吹くことから派生しています。

一泡吹かせるの文章・例文

例文1.なめてかかった相手に一泡吹かされて慌ててしまった。
例文2.絶対に勝てないと思っている相手に一泡吹かせるために練習する。
例文3.想像を超えた成長にチームは動揺し、一泡吹かされてしまった。
例文4.下に見られていると感じて、一泡吹かせるべく努力を続ける
例文5.負けを前提に勝負をする人はいない常に勝利を目指し、人を蒸してやろうとする意欲が大事だ。
一泡吹かせるの力関係が下の人やチームが上の人やチームに対して、何とかしようという創意工夫がもたらすものなのです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

一泡吹かせるの会話例

  • 質問者アイコン

    草野球だけど、いつも負けているのはしゃくにさわるんだよね。

  • 回答者アイコン

    やっぱり勝負事は勝たないと意味がないものね!

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ!積極的なバッティングと走塁で一泡吹かせてやろうと思ってるんだ!

  • 回答者アイコン

    私も応援に行くからぜひがんばってね!

草野球で勝利をもくろむ男性と応援に行く女性の会話でした。

一泡吹かせるの類義語

一泡吹かせるの類義語としては「一矢報いる」「目にもの見せてやる」「相手を出し抜く」などがあげられるでしょう。

一泡吹かせるまとめ

一泡吹かせるについて解説をしてきましたが、同じような類義語は日本語に多くあります。併せてそういった言葉もしっかりと覚えて、知識の幅を広げると、きれいな日本語・美しい日本語が使えるようになるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事