ワークライフバランス

近年、働き方改革という言葉とともにワークライフバランスという言葉を聞く機会が増えてきました。ワークライフバランスってなんとなく聞いたことはあるけどどういう意味なんだろうと疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。ワークライフバランスを正しく理解せずに普段の生活で使っている人もいます。この記事を読んでワークライフバランスとはどういう意味なのかを正しく理解しましょう。

ワークライフバランスの意味とは

ワークライフバランスは仕事と生活を両立し、どちらも充実したものにすることです。よく、ワークライフバランスを仕事か生活どちらかを重要視してもう片方を度外視してしまいがちですが、仕事と生活は相互に作用していて切り離せるものではありません。

ワークライフバランスの由来

昔、ワークライフバランスはアメリカで働きながら子育てをすることで健康に悪い影響がでることが頻繁だった社会背景から使われるようになった言葉です。日本では近年、ワークライフバランスを意識して取り組もうとする企業が増えていて、所定時間以外の労働時間(残業)を減らしたり、プレミアムフライデーにより金曜日の退勤時間を普段よりも早くするなどといった活動が増えています。

ワークライフバランスの文章・例文

例文1.社員のワークライフバランスを実現させる。
例文2.ワークライフバランスの改善により、子育てがしやすくなった。
例文3.この会社はワークライフバランスの取り組みを推進していて仕事にやりがいがもてる。
例文4.ワークライフバランスの観点から労働時間規定改正する。
例文5.働き方改革とともにワークライフバランスが注目される。

ワークライフバランス類義語

ワークライフバランスの類義語としては「仕事と生活の調和」があげられます。

ワークライフバランスまとめ

近年、ワークライフバランスの考え方を受け入れ、意識的に導入している会社がとても増えてきています。これにより、社員は仕事と生活両方の調和を保つことができ、それにより仕事へのモチベーション向上にも繋がります。モチベーションが上がると当然社員のスキルアップにも繋がるので会社と社員共にwinwinな関係を築くことが出来るのです。また、ワークライフバランスの観点によりは柔軟な働き方を可能とするので会社は優秀な人材を確保してより良いサービスや製品を提供することが可能になるのです。ワークライフバランスを意識してよりよい社会を築いていけるといいですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事