ワーキングプアはイヤ

ワーキングプア(working poor)

世間的なイメージでは、先進国ほど裕福な人が多いというような考え方を持たれていますが、それには若干の誤りがあります。それは「ワーキングプア」と呼ばれるものにも関連しています。そこで、この「ワーキングプア」というのがどういうものなのかについて解説をしたいと思います。

ワーキングプアの意味

ワーキングプアというのは、「働く貧困層」と呼ばれ、貧困と呼ばれる線引きより下で労働している人のことを指します。その収入の低さから、どれだけ働いても貧困層から抜け出すことができず、生活の維持も困窮を極めるような状態を指します。もともと米国においてこの言葉が台頭するようになった頃の原因としては、人種差別や労働者自身の怠慢や忍耐力の欠如といった要因があったようです。
今日の日本においてもワーキングプアと呼ばれる状態はありますが、日本には貧困という線引きはそもそも存在していません。したがって日本での線引きは、正社員として働いても最低限の生活を維持するのがやっとな状態や、栄勝保護の水準にも満たない収入しかない層をこれに近いものとしています。

ワーキングプアの由来

ワーキングプアという言葉は、1890年代〜1920年代頃の進歩主義時代と呼ばれる頃です。

ワーキングプアの文章・例文

例文1.ワーキングプアにはなりたくない
例文2.今の時代であってもワーキングプアにならないように考えなければならない
例文3.ワーキングプアについて知るということは経済について知ることだ
例文4.私はかつてワーキングプアだった人を知っている
例文5.日本でもワーキングプアと似たような概念は存在する
基本的にはマイナスイメージの言葉になります。

ワーキングプアの会話例

  • 質問者アイコン

    世の中には働いても働いても楽ができない人もいるんだろうなー。

  • 回答者アイコン

    急にどうしたの?
    日本でもそういう人っているよね。

  • 質問者アイコン

    日本にもそういうワーキングプアのような人っているんだ!?

  • 回答者アイコン

    家庭環境とか業種にもよるみたいだけどね。

日本においては、特殊な家庭環境だったり、業種によってワーキングプアのような生活になっている人がいるようです。

ワーキングプアの類義語

ワーキングプアに類似する言葉としては、「貧困層」であったり「低所得層」といった言葉が挙げられます。また、ワーキングプアでも官公庁等に就労している人のことを「官製ワーキングプア」と呼んでいます。

ワーキングプアまとめ

ワーキングプアという言葉についてここまでまとめてきました。一昔前までの国が経済的に潤っていた時代は就労だけでもワーキングプアに陥る人は多くはなかったようですが、現代では収入もクリエイトしていくような時代になってきているので、今までのような考え方ではダメということでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事