レベニューシェアでビジネスを進める

レベニューシェア(Revenue share)

近頃、レベニューシェアという形の提携をする企業が増えてきました。有名なところでは2010年にニフティがソフトウェア開発者とレベニューシェアの形を取りました。このレベニューシェアという提携方法は一体どんなものなのでしょうか? この記事ではレベニューシェアの意味について解説します。

レベニューシェアの意味とは

レベニューシェアとはパートナーとの提携手段の一つです。「リスクを共有し、協力関係を持ちながら、あらかじめて決めておいた配分率に従って収益を分け合う」という形を取ります。
例えば、A社がwebサイト制作を低価格で請け負い、B社が商品のネット販売を行います。A社にとってはB社の商品の収益を受け取ることができ、B社としてはwebサイト制作の初期費用を安く抑えることができるので、WIN-WINの関係を持つことができます。
これは中小企業や個人事業主レベルでも提携可能な手段のほか、最近では大手企業もこの形態をとることが増えてきました。
リスクとしては、商品の売れ行きなどによってA社・B社両方の収益が左右されるということです。事業としてのリスクや利益をしっかり計算できていなければならないので、簡単にうまくいくと思ってはいけません。

レベニューシェアの由来

レベニューシェアの由来は具体的にはわかりませんが、1990年代からECサイト(商品やサービスをネット上で販売するサイトの事)においてレベニューシェアによる提携が行われていました。

レベニューシェアの文章・例文

例文1.事業の初期費用を抑えるため、レベニューシェアを検討している
例文2.レベニューシェアを考える際には配当率を慎重に決めなければならない
例文3.レベニューシェアによる提携をしていただけないでしょうか
例文4.業務委託なら完全固定の費用がかかる。レベニューシェアにしよう
例文5.レベニューシェアを初期費用が0円になるうまい話だと勘違いしてはいけない
レベニューシェアはあくまでみこみりえきの計算が大事になってきます。

レベニューシェアの会話例

  • 質問者アイコン

    実は、このたびのECサイト立ち上げにおいて、御社にレベニューシェアによる提携を検討していただきたいと思っております。配分率は18%と考えているのですが、どうでしょうか?

  • 回答者アイコン

    配分率をもう少し高く調整していただけないでしょうか。そうすれば、初期費用をさらに安く抑えた上で、SEO効果の高いテーマをこちらで用意させていただきます。

  • 質問者アイコン

    そういうことなら、応じます。25%でいかがでしょうか。

  • 回答者アイコン

    はい、ありがとうございます。ぜひ契約させていただきたいと思います。

配分率の相場など、経験によるものもありますが慎重に下調べするとよいでしょう。

レベニューシェアの類義語

レベニューシェアの類義語としては「アフィリエイト」が挙げられるでしょう。アフィリエイトは成果報酬型の広告であり、他者の商品を紹介し購入してもらうことで一定の報酬を得るシステムです。

レベニューシェアまとめ

ここまで、レベニューシェアをまとめてきました。様々な提携方法がある現代、個人でも起業できる時代です。個人企業は総合力に欠けるため、その道のプロの力を必要とする場面も多いです。これからますますレベニューシェアは盛んになるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事