レスポンシブデザインによってどのデバイスでも見やすい画面。

レスポンシブデザイン(Responsive Design)

レスポンシブデザインとはWebページの作る際に用いられる技術の一つで、一つのページをスマートフォン、タブレット、PCなど多種多様な画面幅に対応できるように作ることです。Webサイト製作者の間では一般的で、制作においては必ず必要となる技術になってきています。

[adstext]
[ads]

レスポンシブデザインの意味とは

スマートフォンが普及し、スマートフォンからWebサイトを見る人が増えたこの現代社会で、同じWebサイトでも、スマートフォン、タブレットPCなどの各デバイスに合わせた画面で表示できるようにする制作方法を「レスポンシブデザイン」と言います。レスポンシブデザインを使用するメリットとして、サイトの画面の見やすさがあります。例えば、スマートフォンでPCサイトの画面を見ると文字が小さく、タップもしにくいためとても見づらく使いづらいものになってしまいます。レスポンシブデザインを用いることで、スマートフォンで見る時もデバイスの画面に合わせた大きさになるため、文字もタップする画面も相応の大きさになり、大きさが違うどのデバイスの画面でも見やすく使いやすいWebサイトにするために必要なものです。

レスポンシブデザインの由来

2010年、Ethan Marcotteによって開発されました。レスポンシブデザインが作られる背景として、スマートフォンの普及があります。日本では初めてアップル社のIPhoneが導入されて以来、2007年頃から年々スマートフォンの普及率が増加し、スマートフォンからWebサイトを見る人が増えたため、そのニーズに合わせてスマートフォンの画面に合わせたサイトを簡単に作れるようになったのがこのレスポンシブデザインです。

レスポンシブデザインの文章・例文

例文1.このサイトはレスポンシブデザインを施しているため、スマートフォンでも見やすい。
例文2.スマートフォンやタブレットで閲覧するユーザーを見込み、レスポンシブデザインを使用したサイトを制作する。
例文3.ホームページ作成の勉強でレスポンシブデザインを学んだ。
例文4.これはレスポンシブデザインを使ったWebサイトだ。
例文5.レスポンシブデザインの動作確認を行うため、友達にタブレットを借りた。
レスポンシブデザインは、各デバイス合わせてサイズを変動させる際に用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

レスポンシブデザインの会話例

  • 質問者アイコン

    このホームページを作ってみたけど、スマートフォン用の画面がないからスマートフォンで見ると文字が小さくて見づらいんだ。

  • 回答者アイコン

    それは良くないね、レスポンシブデザインを用いたら、デバイスごとに合わせたサイズで表示されるからとても見やすくなるよ。

  • 質問者アイコン

    なるほど!それならスマートフォンでも見やすいサイトになるね。

  • 回答者アイコン

    スマートフォンからWebサイトを閲覧するユーザーが多い今、ホームページ制作を作るうえでレスポンシブデザインは必ず必要だから覚えておくといいよ。

Webサイト製作の初心者と上級者が作り方について話している様子です。

レスポンシブデザインの類義語

スマートフォンやタブレットなどの画面幅に合わせて対応するWebサイトの代表的なデザイン手法として、「リキッドレイアウト」や「グリッドレイアウト」というものもあります。

レスポンシブデザインまとめ

レスポンシブデザインを用いることは、どのデバイスを使ってもサイトが見やすいというメリットがあります。PCよりもスマートフォンを用いてサイトを閲覧するユーザーが多い今、製作者は様々なデバイスでそれに合わせた画面できちんと表示されるかを確認することが必須となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事