リップモンスター(Lip monster)

「リップモンスター」とは「コロナ禍のマスク生活に対応して女性の心を掴んだ、色が落ちないと話題の大ヒット口紅」です。マスク着用の御時世となり化粧品の全体売上は低迷していますが、その中で一人勝ちとも呼べる圧倒的な売上を記録しているのがカネボウ化粧品ケイトによる「リップモンスター」です。なぜそんなに人気があって女性から支持されているのか、詳しく調べてみました。

[adstext]
[ads]

リップモンスターの意味とは

「リップモンスター」の意味は以下の通りとなります。
(1)カネボウ化粧品のメイクブランドアップ「ケイト」が発売した大ヒット口紅で、長時間色が持続すると若い女性を中心に絶大な支持を集めている。
(2)SNSやコスメサイトなどで圧倒的な人気を誇る大バズり口紅で、コロナでマスクをしても色が落ちにくく、限定色も含めて全11色と豊富なカラーも揃えた事から現在最も人気がある口紅に君臨している。
”リップ”は英語表記「lip」から「唇」「リップクリーム」、”モンスター”は「monster」から「怪物」「化け物」「巨大なもの」で、直訳すると「怪物の唇」ですが、それよりも「圧倒的な口紅」「大きな影響を誇る口紅」と拡大解釈できるのが「リップモンスター」です。2021年5月1日に発売されてからあっという間に女性の心を掴み、2022年には総出荷240万本を突破し、早くも新色が追加されるなど大変な人気を誇っています。その理由はインフルエンサーの影響力から「TikTok」を利用したのと、コロナ禍のマスク着用に対応した点で、食事などでマスクを外してもきちんと唇に色が残っている密着ジェル技術と全14色の豊富なカラーを揃えた点です。特に「陽炎」「ダークフィグ」「ラスボス」の3色は売り切れ続出の好評ぶりで、SNSには欲しいと切実に願う声や転売サイトでは倍以上の価格での出品が横行しています。そんな人気振りを受けて、サイズを小さくした「ミニリップモンスター」も2022年1月22日から発売され、通常版同様に話題を集めています。因みに価格は通常の「リップモンスター」は税込み1540円、「ミニリップモンスター」は税込み880円で、全国のドラッグストアや化粧品売り場にネットなどで購入可能です。

リップモンスターの由来

「リップモンスター」はカネボウ化粧品のメイクアップブランド「ケイト」が2021年5月1日に発売し、製品名の由来は正確には分かっていませんが、コンセプトは「落ちない口紅」という事なのでその圧倒的な長時間の持続力を”モンスター級”として名付けたと推測できます。

リップモンスターの文章・例文

例文1.妻に頼まれリップモンスターを買って自宅に戻ったら、色が違うと怪物のように罵倒され凹んだ。
例文2.高校生などもリップモンスターを購入しているそうだが、日本は化粧品レベルに関しては世界一なので欲しくなるのも仕方がない。
例文3.ドラッグストアに行ったら、怪しい女がリップモンスターをポケットに忍び込ませて足早に去ったので思わず万引きだと思ったが、ここで何かをすると自分こそモンスターと疑われるので黙って消えた。
例文4.彼女はリップモンスターをするようになってから魅力が数倍アップしたと自画自賛しているが、俺には何一つ違いが分からない。
例文5.小学生が小遣いを貯めてミニリップモンスターを買っているのだから、もう終わりだよこの国は。
「リップモンスター」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リップモンスターの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の唇、色っぽいね。もしかして、リップモンスターとか?

  • 回答者アイコン

    そうなの。いつもの唇を止めてリップモンスターにしたからね。でも、よく気が付いたね。

  • 質問者アイコン

    職場の女性達がそんな事を言っていたのが耳に残っていて、別に深い意味はないよ。

  • 回答者アイコン

    本当? 何か少し怪しいわねー。男の人がリップモンスター何て、普通は気にしないのに。

思わず墓穴を掘りそうになった夫と浮気を疑う妻の会話です。

リップモンスターの類義語

「リップモンスター」の類義語には、同様に人気がある口紅として「ジューシーラスティングティント」「ウォータリーティントリップ」「ルージュ ココ フラッシュ」などの言葉が挙げられます。

リップモンスターまとめ

「リップモンスター」はカネボウ化粧品「ケイト」が発売している大人気ヒット商品の口紅です。コロナ禍のマスク生活に対応した画期的な口紅で、長時間付けても色が落ちず、また豊富なカラーを揃えた点が若い女性達から支持され異例の大ヒットを記録しました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事