ユニコーン企業に成長する

ユニコーン企業(unicorn company)

「ユニコーン企業」は日本ではあまり知られていない言葉なので、経済に長けていても初めて聞いた人が多いと思います。この言葉は経済用語であり最近使われる俗語です。架空の幻獣”ユニコーン”に肖り、未上場で企業価値10億ドル以上の将来の期待高い新興企業と言えば、何となく想像しやすくなりますよね。そんな未来には世界的大企業に化けている可能性が高い「ユニコーン企業」について、詳しい解説となります。

[adstext]
[ads]

ユニコーン企業の意味とは

「ユニコーン企業」の意味は以下の通りとなります。
 (1)評価額10億ドル以上でテクノロジー分野に特化した非上場ベンチャー企業。
 (2)企業価値10億ドル以上で創業10年以内の非上場のIT系ベンチャー企業。
 (3)日本では少ないが、米中では年々増えている話題の新興企業でIT分野の会社。
「ユニコーン企業」とは、額に角が生えた馬に似た幻の生き物”ユニコーン”に例えて、上記のような意味を含む企業となります。企業価値10億ドル以上、創業10年以内でかつテクノロジー分野の非上場ベンチャー企業なら確実に「ユニコーン企業」で、多少企業価値が満たないなど条件クリアーしていなくても、呼ばれる事も多いです。日本で無名扱い、また定着していないのは、そもそも国内に「ユニコーン企業」が極端に少なく、条件クリアーしているのは数社程度です。一方、アメリカや中国は極端に多く、また続くイギリスやインドも米中よりは少ないですが日本よりは断然に多いです。これらの差から、日本では残念ながら「ユニコーン企業」が馴染み薄いのも無理はありません。よって、日本では知られていないが、欧米では次世代の世界的な大企業になる成長や期待が高まるベンチャー企業が「ユニコーン企業」です。

ユニコーン企業の由来

「ユニコーン企業」の由来として、米シリコンバレーのベンチャーキャピタルカウボーイ・ベンチャーズ」の創業者が、2013年11月にニュースサイトで使ったのが最初とされています。その後は、IT系のニュースや記事、さらに次なるアップルやグーグルなどを題材にした話題で、度々「ユニコーン企業」という言葉が使われる様になり、現在に至ります。

ユニコーン企業の文章・例文

例文1.自分が日本のユニコーン企業を増やすと決意し、それから勉強に明け暮れ無事に東大受験に成功した。
例文2.ユニコーン企業が日本で増えないのは、少子化や安定志向もあるが、起業家が育ちにくい風潮が要因である。
例文3.米中はユニコーン企業が多いので、将来も期待が持てる。
例文4.ユニコーン企業が世界の経済を塗り替えると言っても過言でなく、だから米中が激しく争っている。
例文5.ユニコーン企業を分析すると、米中はもちろんだが、イギリスやインドが意外に多く、この二か国も今後の成長に期待できる。

「ユニコーン企業」の解説となる文章です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ユニコーン企業の会話例

  • 質問者アイコン

    冷静に考えると、面白い経済用語も多いよね?

  • 回答者アイコン

    例えばどんな? もしかして、ユニコーン企業とか!

  • 質問者アイコン

    何でわかったの。もしかして、昨日のニュース番組を観ていたんだね。

  • 回答者アイコン

    ユニコーンに関しては、使われそうな言葉はある程度出尽くしているから、だから変わった言葉として、思わずユニコーンって発したのが切っ掛けだと思うよ。

「ユニコーン企業」が変わった名称として、男女が会話をしています。

ユニコーン企業の類義語

「ユニコーン企業」の類義語には、「新興会社」「新興勢力」などの言葉が挙げられます。

ユニコーン企業まとめ

「ユニコーン企業」は、架空の生き物ユニコーンから取られた、今後の成長期待がとても高い米中に多いテクノロジー分野に特化した非上場企業となります。企業価値10億ドル以上、創業10年以内の新しいが勢いある企業で、今後はグーグルやアマゾンのような成長をするのではと世界中から注目を集めています。その一方、日本には「ユニコーン企業」が極端に少なく、今後はテクノロジー分野で世界から遅れるのではと懸念もされています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事