ムーアの法則はintel社の社長が提唱

ムーアの法則(Moore's law)

「○○の法則」と名が付くものは世の中に相当数溢れていますが、その中でもまるで映画やドラマのタイトルの様なネーミングであるが故に、誤解や勘違いをされているのが「ムーアの法則」です。多くの人は、何となく聞いた事はあるが、正しい意味を理解していないが誤認をしているでしょう。「ムーアの法則」を覚えると、ビジネス面でも役立たせる事ができるだけでなく、博識があると周囲を納得させられます。そんな「ムーアの法則」について、正しい意味や使い方などをお教えします。

ムーアの法則の意味とは

ムーアの法則とは、元々は半導体の処理能力が倍になっても、さらに小型化が進むという持論を展開したのが「ムーアの法則」です。なぜなら、半導体の集積密度(性能)は18か月から24か月程度で倍増するとされ、それを提唱したのがインテル創業者のゴードン・ムーア氏です。
コンピューターの性能が2年で2倍になると予想したのは、1960年代当時はとても画期的な事で、同時に性能が上がっても低価格化が進むとする問題提起をしていました。現在は、この法則に基づいたマーケティング戦略が有名になり、ビッグデータ解析や分析で役立っています。その一方、「ムーアの法則」では限界があるとして、新たな原理や法則を探る動きも出始めています。

ムーアの法則の由来

米インテル社の創業者の一人である、ゴードン・ムーア博士によって1965年に提唱されたのが「ムーアの法則」で、カリフォルニア工科大学のカーバー・ミード教授によって広まったとされています。博士の名前が取られたこの法則は、集積回路のトランジスタ数は18か月毎に倍増するという独自の公式を発案し、この理論は現在でも受け継がれています。「ムーアの法則」が画期的なのは、将来のトレンドを予測できるだけでなく、小型化や大量生産による製造コストの激減、それに伴う低価格も予見していた事になります。その将来性や先見性は発表から50年以上経った今日でも素晴らしいと証明されていますね。

ムーアの法則の文章・例文

例文1.現在もインテル社が世界有数の大企業なのは、ムーアの法則を発明したムーア博士の功績によるものだ
例文2.スマホやPCがここまで普及したのも、ムーアの法則による開発競争も関係している
例文3.近年は小型化があまりにも進み、ムーアの法則の限界も問われている
例文4.ムーアの法則は経験則という一面がある
例文5.ムーアの法則が製造業界に革命を与えたのは間違いない
上記のような文章で使われる「ムーアの法則」ですが、日常的に使われる言葉ではないので見聞きする機会もないものです。しかし、経済やビジネス面では今でも頻繁に使われる重要な言葉と理解をしておきましょう。

ムーアの法則の会話例

  • 質問者アイコン

    半導体の集積密度が倍増していくのは、パソコンのスペックも向上するから喜ばしいんだけど…

  • 回答者アイコン

    もう、製造過程での限界を迎えているとの見方が強いわね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。もう、ムーアの法則のままでこの先10年やりましょうなんて無理なんだよ。

  • 回答者アイコン

    でも、新しい技術が開発されれば、その問題も解決されると思うわ。

このように、ムーアの法則はもうすでに限界を迎えているとの意見があります。経験則からの画期的な法則でしたが、この先何年もとはいかないでしょう。

ムーアの法則の類義語

「ムーアの法則」の類義語には、「パーキンソンの法則」「グロッシュの法則」などが挙げられます。

ムーアの法則まとめ

主に半導体において、集積回路は18カ月毎に倍増し、小型化や低価格も進むと経験則に基づき提唱したのが「ムーアの法則」です。現在でも製造現場やビジネスシーンでこの法則や考えは用いられています。その反面、現在は集積回路などは技術的にも限界に近付いているので、「ムーアの法則」もこのまま継続されていくのか、疑問を呈されています。

この記事を読んでいる人に人気の記事