マイホーム主義で家庭を大事にする

マイホーム主義(まいほーむしゅぎ)

マイホーム主義とは、家族の幸せの形である内容です。オーストラリアでは、ファミリーファーストと言って家族第一主義であるのですが、マイホーム主義では、戦後の日本で家族を大切にする思考から発生した語句であると考えられます。私生活を優先させたいと言う生活的な意識や、戦後の日本において貧困を脱出するために使用された語句であるとも考えられます。また、個人的な見解としましては、仕事をすぐに終わらせて自宅に直帰して家庭サービスを充実すると言う部分についてワークライフバランスの意味にも精通する部分であると言えます。

マイホーム主義の意味とは

マイホーム主義の意味とは、公に従事することよりも私である個人を優先して、家族を大切にする意味であると考えられています。近年では、ワークライフバランスと言う言葉も派生しており、仕事と生活の調和と言う形で、それまで残業ばかりで、家庭を顧みなかった方々を支援する制度に近い物で、企業によってはワークライフバランスデーと言うものが設定されていて、その日はノー残業デーで必ず自宅に直帰することが義務付けられている組織もあります。この新しい試みこそが、マイホーム主義と精通する部分があり、家庭を優先して、家族との時間を縮めることに繋がり、家族との絆を深めることができると言う内容であります。マイホーム主義では、ワークライフバランスに伴った仕事と生活のバランスを見直すことにも繋がっていると思います。

マイホーム主義の由来

戦後の日本で、貧困から脱出して、自宅を構えて、家族で幸せに過ごすこと、一家団欒で楽しく平和に過ごすことこそが、幸福であると考えられておりました。自宅を持つことは、貧困を脱出したことに繋がり、幸せを目指す1960年代の流行語であったことも伺えます。
高度経済成長期の日本でより豊かになりたいと言う個々人の思想が反映された形であるとも考えられます。

マイホーム主義の文章・例文

例文1.我が家は、マイホーム主義であることを第一前提にしております。母親はとにかく専業主婦で家事をこなして、暖かい料理を提供してくれますし、父親は、極力早く帰宅して、僕たち子供の相手をしてくれます
例文2.マイホーム主義とは名ばかりで、父はいつも残業ばかりでいつも深夜12時に帰宅して、朝は早朝に出勤します。土日も顔を合わせることがないので、せっかくマイホーム主義で家を買ったのに本末転倒です
例文3.マイホーム主義は戦後の高度経済成長期である日本を支えた根幹の一つであると思います。マイホームを持つと言う気概があるからこそ頑張れた部分は非常に大きいと思います
例文4.今朝からマイホーム主義でありますので、家族の絆を更に深めようと思い、家族全員のお弁当を作ることにしました。お弁当の中には一言メッセージも添えております
例文5.マイホーム主義では、ノー残業デーに推奨される形で、家族の交流も深めなさいと言う意味合いがあると思います。私は、家族サービスを疎かにしていたので、今日からは早く直帰して、家庭サービスをしたいと考えております
日本ではとかくマイホーム主義を嘲笑するような使われ方がしますが、ワークライフバランスが叫ばれる今、家庭の充実は仕事においても非常に重要であると言えるでしょう。

マイホーム主義の類義語

マイホーム主義の類義語としましては、単純にマイホームと言う言葉も当てはまると思いますし、「ワークライフバランス」や「ノー残」も関連する類義語として浮上すると思います。マイホームを持って暖かい家庭を築くと言う意味においては、最適な類義語としましては、マイホームであると考えられます。

マイホーム主義まとめ

戦後の日本では、マイホームを持つことこそがサラリーマンの最大のステータスであり、誇れる内容であったのであると思います。私は現在家族と団地に居住しておりますが、やはり妻も持ち家が欲しいと言うことがあります。それはやはり、マイホーム主義である思想の現れなのかなとも考えております。女性からすればマイホームを持って優雅な生活を夢見る主婦の方々は多いと思います。そう言った憧れの部分がある限り、マイホーム主義の思想は潰えないと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事