ベンチャーキャピタルから融資をうける

ベンチャーキャピタル(VC)

ベンチャー企業という言葉は数年でポピュラーな言葉になり、メディアでもなんとなく耳にしたことはあるでしょう。ベンチャー企業は若者が筆頭となって経営者をしているケースも多く、このような企業を支援するにあたってベンチャーキャピタルは欠かせません。ベンチャーキャピタルとは一体、どのようなものなのでしょうか。ご紹介していきます。

ベンチャーキャピタルの意味とは

ベンチャーキャピタル(venture capital)略してVCとも言われます。ベンチャー企業はIT系やサイバー系などで新しい技術を先駆けていることによって、技術が認められれば短期間で一気に上場することが出来ます。しかし、短期間で成果を出すには資金は必須ですが、まだ立ち上げたばかりのベンチャー企業に信用することは難しく銀行で融資を受けることが出来ないケースがほとんどです。銀行融資などは基準をクリア出来ないと難しいですが、経営者の戦力や成長を見込まれた場合には担保なしでも資金を整えられることができる仕組みがベンチャーキャピタルです。ベンチャー企業へ出資をすれば株式を取得し、実際に見込んだベンチャー企業が株式を公開(上場)すれば、大きなキャピタルゲイン(株の売却益)を取得できます。

ベンチャーキャピタルの由来

ベンチャーキャピタルはアメリカ合衆国が最初と言われており、当時も同じように富豪や投資家など多額の資金を所持している人々が、新しい企業へ資金を提供していたことが先駆けとされています。またベンチャーキャピタルという言葉はもともと存在していましたが、ベンチャー企業は和製英語として日本で生まれた言葉です。

ベンチャーキャピタルの文章・例文

例文1.若者が活躍するためにもベンチャーキャピタルの仕組みは必要だ
例文2.日本でもベンチャーキャピタルが主流となってきた
例文3.アメリカはベンチャーキャピタルの先駆けだ
例文4.ベンチャーキャピタルは日本よりも米国の投資額の方が大きい
例文5.ベンチャーキャピタルは失敗する可能性もある

ベンチャーキャピタルの会話例

  • 質問者アイコン

    会社を立ち上げようと思ってもお金がないよ。どうすれば…

  • 回答者アイコン

    それなら、ベンチャーキャピタルで投資してもらったら?
    日本でも最近徐々に浸透しているみたいだし。

  • 質問者アイコン

    そうか、ベンチャーキャピタルか!これから手続き行ってくる。どんどん投資してもらうぞ。

  • 回答者アイコン

    大丈夫だとは思うけど、失敗しないように気を付けてね。

この「ベンチャーキャピタル」という言葉自体もあまりなじみがないと思います。しかし、意欲のある有望な若者にはぜひこの言葉の意味を知って、この仕組みを積極的に使ってほしいものです。

ベンチャーキャピタルの類義語

関連した言葉で「ステークホルダー」があります。こちらは企業に対しての利害関係者を表していて、ベンチャーキャピタル同様に株が上がることを望んでいます。株だけに限らず、取引先や従業員や顧客も同じくステークホルダーに属し、株主だけの場合にはストックホルダーと言います。

ベンチャーキャピタルまとめ

日本の大半のベンチャー企業は借金や自身の資金で経営を始める傾向にあり、ベンチャーキャピタルは上場間近にならないと出資してもらえないケースが多いようです。意欲のある有望な若者の経営する企業には、ぜひ期待をしたいものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事