ブルースターの花

ブルースター(blue stir)

青い小さな花で、特に結婚式にてサムシングフォーの一つとしてブーケなどにも使われる「ブルースター」という花はご存知でしょうか。初夏から秋にかけて花を咲かせるのですが、その可愛らしい見た目の通り花言葉まで素敵なものなので由来なども含めてご紹介します。

ブルースターの意味

花言葉は「幸福な愛」や「信じ合う心」というものがつけられています。幸せで愛情たっぷりな意味が込められたこの花が贈り物や結婚式に使われるのも納得ですね。

ブルースターの由来

五枚の花びらが一枚一枚が細長く五枚の花びらが星のように見えることから青い星「ブルースター」と名付けられました。
ただし、ブルースターというのは園芸をする上での呼び名で、正式な和名は「瑠璃唐綿(るりとうわた)で、英名は「tweedia(トゥイーディア)」です。

ブルースターの文章・例文

例文1.ウェディングパーティで使うブーケには絶対ブルースターを入れたい
例文2.5年一緒に住んでいる彼女にブルースターを入れた花束を贈りプロポーズしようと計画している
例文3.ブルースターという花を知っている人は結構多い
例文4.差し色に良いと思ってブルースターを選んだが花屋の店員から花言葉を聞いて妻が喜びそうだとにやけた
例文5.ブルースターは見た目も可愛らしくブーケに使うのに人気が高い
ブルースターはパートナーに送るのに最適な可愛らしく愛情のこもった花となります

ブルースターの会話例

  • 質問者アイコン

    結婚式で使うブーケ決まった?そろそろ決めないとだよね?

  • 回答者アイコン

    決めたよ!このブーケがいいと思うの!
    サムシングブルーってことで、ブルースターを入れたいなとは思ってたから探したら丁度良いのがあったの!

  • 質問者アイコン

    へぇ、可愛いね!良いじゃん、君とドレスの雰囲気にも合ってると思うよ!

  • 回答者アイコン

    ありがとう楽しみだね!

ブーケにブルースターを入れた結婚式の準備中の幸せそうな夫婦の会話になります。

ブルースターの類義語

結婚式のブーケに多く使われる「バラ」や「アイビー」、「コチョウラン」なども愛情を伝えや幸福であること示す花言葉を持っています。

ブルースターまとめ

濃い青というよりはミルキーブルーという少し淡い青、水色に近い色合いの花になります。主張しすぎず慎ましいながらに他の花と違う色できちんと存在感のある感じがなんだか素敵で魅力がありますね。とても可愛らしくきっと喜ばれると思いますのでぜひ大切なパートナーにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事