ブルジョア(Bourgeois)

「ブルジョア」とは「若者用語として金持ち・成功者などお金に余裕がある人々の呼び名」です。日本は年々貧しい国家になっていますが、それでも東京などの大都市は健在ですし昔ながらの資産家も多いので、お金を持っている人は想像以上に存在します。そんな金持ちに対して羨望めいて使ったり、或いは小金持ちのようにブランド物を急に身に着けた友人などに親しみ込めて使うのが「ブルジョア」です。どことなく「羨ましい」「凄い」「驚き」といったニュアンスも込められていますが、そんなお金を持つ「ブルジョア」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ブルジョアの意味とは

「ブルジョア」の意味は以下の通りとなります。
(1)金持ち、成功者、リッチ、羽振りが良いなど。
(2)若者用語として、金遣いが荒いや散財をしても平気なほどお金に余裕がある喩え。
(3)中世ヨーロッパは都市で商工業を従事る市民や中産階級で、近代は資本家階級に属する人々。
(4)「ブルジョアジー」「ブルジョワジー」「ブルジョワ」とも言い同義。
「ブルジョア」はフランス発祥の言葉で(フランス語表記:Bourgeois)、当初は中世ヨーロッパの都市で仕事が商工業だった人々を指す言葉でした。その後は一般市民の中でも成功して富を築いたものを「ブルジョア」と呼ぶようになり、その名残が近代や現代でも強く影響を残して、要するにお金持ち・資産家財産家などに対して広く使われますが、実際には金持ちでなくても喩えとして親しみを込めた表現としても用いられます。一方で昨今はネットスラングや俗語や若者言葉といった感でも定着をし、友人が財布に現金が多く入っていると「ブルジョアかよ!」と親しみを込めて使われたりします。また、庶民感覚でのお金持ちに対するイメージとして使うので、これまで普通のファストファッションだった友人が久しぶりに会ったら高級ブランド一色に変身していたら「ブルジョアになった!」といった風にもなります。因みに正確には「ブルジョア」(ブルジョワ)は単数形で個人扱い、「ブルジョアジー」(ブルジョワジー、フランス語:Bourgeoisie)は複数形で多人数扱いとなりますが、ネットスラングや若者言葉などの場合はあまり神経質にならず「ブルジョア」として使われています。

ブルジョアの由来

「ブルジョア」の由来は11世紀から13世紀の中世ヨーロッパで、古代からの経済低迷が終わり始め景気が好転し始めると商工業が活発になり、暮らしが裕福になった一般市民(貴族でも農民でもない新しい存在)が頭角を現し、フランスでは「ブルジョア」や「ブルジョアジー」と呼ぶようになりました。

ブルジョアの文章・例文

例文1.コンビニで豪遊するだけでブルジョアな気持ちから幸せ一杯になるのだから、我ながら何て安上がりな男なんだと自分でも笑ってしまう。
例文2.アフリカから見たら日本はブルジョアな一流国家だろうが、他の先進国から見たら時代遅れで不正だらけな三流国家だろう。
例文3.初めてできた彼女にいいところを見せようと、バッタもんのロレックスやカルティエの財布でブルジョア感を出していたが、何を思ったか彼女が「中古ブランド店に行こう」と言い出し、店員に偽物だとバレたら恥ずかしいので腕を隠すのに必死で会話がまったく耳に入ってこなかった。
例文4.同じ貧乏仲間である友人は俺の愛車・中古の10年落ち軽自動車を褒めてくれるが、そんな彼の実家は地元では有名なパチンコ御殿で正真正銘のブルジョアな御曹司だと知り、それからは敬語で話すようにしている。
例文5.コンビニの列に並んでいて、前の疲れたサラリーマン風な客が発泡酒ではなくビールを買うだけで、「このブルジョア気取りがクソ」と妬んでしまう自分自身が大嫌いだ。
金持ちとして「ブルジョア」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ブルジョアの会話例

  • 質問者アイコン

    夕ご飯は久しぶりにファミレスでも行こうか?

  • 回答者アイコン

    給料日前なのにお金大丈夫なの?

  • 質問者アイコン

    実は…、ポイントが貯まっているんだよね。だからそれを使えば大丈夫。よし、じゃあ行こうか!

  • 回答者アイコン

    もう、ブルジョアなんだから。

仲睦まじい恋人同士による、ファミレスに出向く前の会話風景です。

ブルジョアの類義語

「ブルジョア」の類義語には、「裕福」「市民階級」「中流」「富豪」「高給取り「ヒルズ族」「官僚」「セレブ」「ビリオネア」「億マン」「リッチ」などの言葉が挙げられます。

ブルジョアの対義語

「ブルジョア」の対義語には、「プロレタリア」「貧乏」「プア」「ワーキングプア」「金欠」「極貧」「プア充」などの言葉が挙げられます。

ブルジョアまとめ

「ブルジョア」は中世ヨーロッパを発祥とする言葉で、本来は裕福になった中産階級や普通の人々を指すが、現在は「裕福」=「金持ち」として本当の金持ちから一時的に羽振りが良い友人などにも親しみを込めて「ブルジョア」と表現します。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事