フードテック(FoodTech)

「フードテック」とは「食品と最先端技術を組み合わせて、食に関する新サービス導入などで従来のシステムを変革する試み」です。まるで、食における「新時代の到来」と言えてしまう抜本的な改革が「フードテック」で、テクノロジーやネットワークでデータ化してあらゆる事をより良くし、さらに食料不足や食品ロスなどの問題も解消すると期待されています。未来でも美味しい食品を食べられるか命運を握っていると言っても過言ではない「フードテック」の解説となります。

[adstext]
[ads]

フードテックの意味とは

「フードテック」の意味は以下の通りとなります。
(1)食品分野にIT技術を導入して、新しいサービスやビジネスを展開する事。
(2)IT技術を食品業界に取り入れ、従来の常識を超えた革新的なサービスを生み出すビジネス。
”フード(food)”は「食べ物」「食品」、”テック(technology)”は「科学技術」で、食べ物と科学技術を合わせた造語が「フードテック」です。最近は”テック”を合わせた言葉が流行っていて、例えば「Fin-Tech」(金融テック)、「Ed-Tech」(エドテック、教育テック)なども「フードテック」同様に注目を集めています。今回の「フードテック」は食品分野に最新テクノロジーを導入し、例えば最適温度を導き出して品質管理に役立てたり、食品ロス削減で貢献したり、米や野菜などの農業生産に取り組むなどが「フードテック」です。現在は明確な基準がないので何でも「フードテック」とも言えてしまい、最近注目の「大豆ミート」(代替肉)も「フードテック」として扱われています。なぜここまで注目されるかと言うと、世界の人口は年々増えていき途上国では食糧不足が深刻で、日本でも台風や豪雨で安定生産が難しくなり野菜価格が高騰したり、海水温度の上昇で旬の魚(サンマやマグロ)の漁獲量減少、牛肉や豚肉の畜産業は温室効果ガスで環境悪化に繋がるといった諸々の問題を解決するにはテクノロジーを積極活用するしか道は残されていないのです。何よりも日本人は食への追及が深く全国各地にスーパーやコンビニに飲食店が点在しているので、流通ルートまで含めれば先端技術を導入して他の「~テック」よりも早く効果が出ると期待が持たれています。しかし、食品分野全体とあまりにも漠然としていて、各企業や団体などに丸投げで各々が自主的に先端技術を導入しようと奮闘しているので、もしかしたら期待したほどテクノロジーが活かしきれない恐れもあります。

フードテックの由来

「フードテック」の由来は残念ながら不明ですが、2010年頃からメディアで取り上げられるようになった言葉です。テクノロジーの普及や発達によってIoTが注目されると同調するように「フードテック」もメディアが使うようになり現在に至ります。

フードテックの文章・例文

例文1.高校生の息子はフードテックで和牛が大量生産で安くなると喜んでいたが、それよりも大豆ミート普及の流れが加速して逆に高騰するかもと教えたら、とても悲しい顔をしてガッカリしていた。
例文2.フードテックで冷凍技術がさらに進化して高まるのは間違いないだろう。
例文3.個人的には食品ロス対策としてフードテックの新システムや新サービスは一刻も早く導入すべきだ。
例文4.今後は果物風味の魚や巨大野菜など画期的な食べ物もフードテックの技術によって市場に出回るかも知れない。
例文5.ウーバーイーツや出前館もフードテックがもたらした新サービスと言えるだろう。
食品業界の新技術として「フードテック」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

フードテックの会話例

  • 質問者アイコン

    あー、もうお腹一杯で食べられない。

  • 回答者アイコン

    ねぇ毎日そんなに食べていると、いつか病気になるよ。いいの?

  • 質問者アイコン

    こうして結婚も出来たからもう太ってもいいし、平気だよ。それに食欲が人生の最重要事項じゃん。

  • 回答者アイコン

    あなたって人は。世の中には食糧危機の国やフードテックで世の中をよくしようと奮闘する人がいるっていうのに…。まったく。

食に対する価値観が違う夫婦の会話です。

フードテックの類義語

「フードテック」の類義語には、「エドテック」「SDGs」「アドテック」「クロステック」「建設テック」などの言葉が挙げられます。

フードテックまとめ

「フードテック」は食料とテクノロジーを合わせた造語で、最新のITやテクノロジーを食品業界などに導入し画期的なサービスを展開する事です。食品ロスに取り組んだり、大豆ミートなど代替肉の開発、農業用の機械を自動化、流通ルートの効率化や冷凍技術など食に関するものなら全てが「フードテック」の対象となるほど世界各国や日本が積極的に開発や導入を進め、現在の様々な食に関する問題を未来ではクリアーしているよう努めています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事