フェスを楽しんでいる

フェス(fes・festival)

最近は、フェスという言葉をよく耳にします。いつ頃からか流行りだし、そして一年中どこかで何かしらのフェスが開催されています。そもそも何がきっかけで流行りだしたのか気になりましたので、今回は「フェス」について調べたものをまとめたいと思います。

[adstext]
[ads]

フェスの意味とは

「フェス」は、短期間で集中的に行われるイベントに使われる言葉です。音楽の祭典を差す場合もあれば、世界中の肉料理を味わえる「肉フェス」や、ランニングを取り入れた「ランフェス」など、多くの種類のフェスがあります。
始まりはウッドストックというフェスで、1969年にアメリカで数多くのアーティストを集めてコンサートを行ったロックフェスでした。日本でも様々なフェスが開催されていますが、フェスと言ったらやはり音楽を指すことが多いです。毎年のようにアーティストによる音楽フェスが開催され、特に春から夏にかけて行われるフェスは「夏フェス」と呼ばれており、毎年多くの観客でに賑わっています。

フェスの由来

フェスとはフェスティバルやフェスタの略で「祭典」や「祝祭」という意味を持っております。因みにイタリア語でフェスという言葉もありますが、私たち日本人が使っているフェスは和製英語です。

フェスの文章・例文

例文1.今年は音楽フェス以外にも野外フェスに参加したい。
例文2.私は毎年このロックフェスに必ず行っている。
例文3.夏だし野外フェスいかない?
例文4.肉フェスではいろんな種類の肉料理が食べられる。
例文5.フェスには色んなイベントが開催されています。
最近では、イベントやお祭り全般にこの言葉を使われることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

フェスの会話例

  • 質問者アイコン

    最近はいろんなフェスがあるけど行ったことある?

  • 回答者アイコン

    はい。ありますよ。
    ロックフェスに行くのにはまっていて。

  • 質問者アイコン

    音楽が好きなんだ。それは楽しそうだね。来月の大規模なロックフェスにもいくの?

  • 回答者アイコン

    行きますよ。とても楽しみです。

この言葉を活用すると相手の趣味や趣向を知ることのできるツールの一つにもなります。

フェスの類義語

イベントの規模は小さくなりますが、「パーティー」を略した「~パ」という言葉も最近は多様化されています。例えば「鍋パ」「タコパ」があります。

フェスまとめ

「フェス」はアメリカで行われたロックフェスをきっかけにどんどん浸透していった言葉でした。この機会に様々なフェスについて興味をお持ちになられた方は、是非調べてたくさん参加してみると面白いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事