フィーリングに合う

フィーリング(feeling)

「フィーリング」という言葉は、日常生活のなかでもよく聞くし使う言葉でしょう。実際に使ったこともあるし、聞いたことがあるという人も少なくはないでしょう。しかし、「フィーリング」という言葉を正しく理解できているでしょうか。そこで、この言葉の意味について解説をしていきたいと思います。

フィーリングの意味

フィーリングという言葉は、実は和製英語になります。そして、言葉の意味ですが、何となく感じる雰囲気や漠然とした感覚のようなものという意味があります。
よく使うシーンとしては恋愛や音楽に関する場面ではないでしょうか。好意を持っている相手に対して、言葉では言い表せない部分でその感情を抱いたことに対して使われたりします。ジャンルに限らず、言葉では言い表せないものを表現する際に使われる傾向にあるようです。

フィーリングの由来

この言葉の語源は、英語の「feel」の動名詞になります。言葉の歴史は古く、1200年代後半から使われ始め、1400年代中盤には意識的な感情を意味する言葉として使われていたようです。また、「感じる能力」という意味では1500年代後半から徐々にその使いかたが浸透していきました。

フィーリングの文章・例文

例文1.何でもフィーリングは大事だよね
例文2.服を買うときはフィーリングで選ぶようにしている
例文3.フィーリングという概念はとても曖昧だけど、いざって時は必要だと思う
例文4.フィーリング第一で物事を考えていきたい
例文5.最終的にはフィーリングでの判断がものを言う
理論やロジカルシンキングを求められるような企業では、あまりフィーリングに頼るという考え方はないでしょう。

フィーリングの会話例

  • 質問者アイコン

    そう言えば、君は僕のどこを好きになってくれたのか理由を聞いたことがなかったね。

  • 回答者アイコン

    理由…何だろう。
    うまく言えないけど、フィーリングかな。

  • 質問者アイコン

    なんか釈然としないけど、まあいっか!

  • 回答者アイコン

    そうそう!あんまり深く考えなくてもいいんだよ。

このように言語化しづらいことを表現する際に使われる言葉になります。

フィーリングの類義語

フィーリングに近い意味を持つ言葉としては、「何となく」「雰囲気」、もしくは「ニュアンス」というのも近い言葉としてあげることができるのではないかと思います。

フィーリングまとめ

ここまでフィーリングという言葉に関してまとめてきました。ものすごく頻繁に使うというような言葉ではありませんが、使ったことがあるという人は少なくはないでしょう。英語としても中学校で学ぶレベルの英語そのままの意味として使われるので、間違えないようにおさらいしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事