パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病(Parkinson's disease)

世界には難病・奇病と言われるような様々な病気が存在しています。中には現代医学ではいまだに原因不明で治療法が確立されていない病気もありますが、それでもここ数十年で不治の病や未知の病気とされていたものが治療可能な病気になっていきました。そこで有名な病気で「パーキンソン病」という病気があります。名前だけは聞いたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。この「パーキンソン病」について解説していきたいと思います。

パーキンソン病の意味

パーキンソン病というのは、脳の一部に異常が生じることで日常の運動能力に支障が出る病気のことです。日本ではおよそ1000人に1人が、60歳以上では100人に1人がかかるとされています。
この病気の原因は、中脳という箇所の神経細胞が減少することでドパミンという神経伝達物質を作る量が減ってしまうことにあります。ドパミンは身体の運動を円滑にするために必要な物質なので、この量が十分に生産されないということは身体を十分に動かすことができなくなるということにつながります。
具体的な症状としては、筋肉に力が入っていない状態の時に大きな震えが出たり、動作が遅くなって動きの振り幅が小さくなったりします。

パーキンソン病の由来

パーキンソン病は1817年にイングランドのジェームズ・パーキンソンによって発見されたことからその名前がつきました。ジェームズが最初にその病気を紹介した時は「振戦麻痺」という名で紹介をしていました。

パーキンソン病の文章・例文

例文1.パーキンソン病で体が動かしづらくなる
例文2.私が勤務している病院ではパーキンソン病の患者さんもたくさんいる
例文3.パーキンソン病克服のためにリハビリをする
例文4.家族がパーキンソン病になってしまったようだ
例文5.パーキンソン病克服のためにつきっきりだ
パーキンソン病は上述したように体が動かしにくくなる病気なので、人の助けが必要になってきます。

パーキンソン病の会話例

  • 質問者アイコン

    友人が、体に違和感があるって言って今日の予定がキャンセルになっちゃったんだよね。

  • 回答者アイコン

    大丈夫なの?
    病院に行ってるの?

  • 質問者アイコン

    そうみたい。あ、その友達からメールが来た!
    え!?パーキンソン病って診断されたらしいよ!

  • 回答者アイコン

    パーキンソン病!?リハビリとか大変になるね。

発症事例は様々ですが、精密検査で初めて自覚した例もあれば、体に違和感を覚えて発覚した例もあるようです。

パーキンソン病の類義語

パーキンソン病にはいくつかの誤診されやすい似た症状の病気があります。「NPH(正常圧水頭症)」や「PSP(進行性核上性麻痺)」などの病気が挙げられます。

パーキンソン病まとめ

簡単にパーキンソン病についてまとめてみました。上述しましたが、パーキンソン病には誤診もあり得るような似た症例の病気も存在しています。体に違和感を感じたら精密検査までやってもらったほうがいいですね。
「パーキンソン病の治療 - 脳深部刺激療法」
上記DBS公式サイトにてパーキンソン病を詳しく見ることができます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事