パテントを侵害されないように、非常に厳重に管理されている。

パテント(Patent)

「パテント」とは「特許や特許権、著作権や知的財産権などの事」です。経済ニュースなどで、「ある企業が著作権や特許権を侵害した」という話題を見聞きした覚えがあると思いますが、これが所謂「パテント」に関する最も大きな事ではないでしょうか。画期的な商品を開発したとしても、その技術などが実は他企業の特許権を侵害していたら、発売が難しくなったり料金を支払うしかないのです。それぐらい特許ならびに著作権などは大切に守られています。そんな現代のビジネスシーンを表す「パテント」についての解説となります。

[adstext]
[ads]

パテントの意味とは

「パテント」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると特許・特許権・特許品・特許証で、現在は著作権や知的財産権などの解釈もされる。
(2)特許を取る事は「パテントを取る」となる。
(3)日本弁理士会の機関紙、エナメル素材。
「パテント」は日本弁理士会の機関紙やエナメル素材という意味もありますが、通常は特許や特許権としてのビジネス用語として用いられます。企業において近年は特許関連は非常にデリケートな問題で、特許管理や侵害、そして訴訟などに対処するのが重要事項となっています。それが大企業ともなれば、他国との訴訟が絡んでくるので尚更です。一例として、任天堂が公道を走るマリオカートめいたものを訴えたり、サトウ食品の切り餅訴訟などがありますが、身近でもYouTubeなどは特許や著作権にはとても厳しくうるさいです。このような事から「パテント」はより大きな解釈がされて、様々な特許や著作関連の言葉として使用されています。代表としては「パテント商品」「パテント・トロール」「パテント料」などがあり、「パテント商品」は特許権を持つ商品や知的財産権を持つ商品、「パテント・トロール」は特許権を侵害している企業から賠償金を得ようとする者やそのような訴訟、「パテント料」は特許の使用料でライセンス料金などの事です。これまでも特許権や著作権は音楽や芸能人の肖像などで度々問題となっていましたが、近年はスマホやネットによるデジタル分野での特許や権利が世界中を巻き込む騒動となっています。画像や動画の著作権から、アプリ開発や技術などの特許等々ではどこまでがオリジナルでどこが侵害しているのか、その解釈具合は各国々の法律や大企業によっても千差万別となっているのが実情です。

パテントの由来

「パテント」の由来は英語の「patent」ですが、現在の様に幅広い解釈となったのは2000年代に入ってからです。それまでは特許や特許の法律として「パテント」が使われていて、それが2000年代からは著作権侵害という側面も加わっていきました。

パテントの文章・例文

例文1.大企業はパテントの扱いには非常に慎重である。
例文2.パテントを侵害していたと発覚し、我が社の新製品開発は暗礁に乗り上げた。
例文3.パテントを取る事に成功するか否かに命運が懸かっている。
例文4.アメリカや中国との企業との商談は、後々からパテントを出しにして訴えられるのではとビクビクしてしまう。
例文5.経営が好調だった我が社が頓挫したのは、パテント料の高額支払いが決定してからで、そこからは坂を転がるように落ちていった。

ビジネス現場での「パテント」を使いそうな例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

パテントの会話例

  • 質問者アイコン

    どうして日本から世界的な音楽アーティストが誕生しないんだろう?

  • 回答者アイコン

    うーん。歌や楽器演奏が下手なのかな? でも、そんな事はないよね。

  • 質問者アイコン

    何か日本人アーティストって、どんなに売れても国内だけで十分満足している感があるよね。

  • 回答者アイコン

    分かったパテントじゃない。海外の曲を真似しているから、本場で売り出したら著作権侵害で訴訟になるからね。

日本人音楽アーティストの海外進出について男女が会話をしています。

パテントの類義語

「パテント」の類義語には、「ライセンス」「専売特許」などの言葉が挙げられます。

パテントまとめ

「パテント」は特許や特許権といった意味合いの言葉で、最近では知的財産権としても使われるビジネス用語です。企業にとって新商品開発などで特許侵害か否かは大変重要で、また、中小企業でも特許数が高いほど実力があると評価されるほどです。その一方、特許権を支払う「パテント料」や著作権侵害を訴える「パテント・トロール」などの言葉が当たり前に使われるなど、特許や著作権を守るのが大事なのは間違いありませんが、企業の成長や躍進に重い足かせとなっているのも事実です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事