バイアス

人間の物の見方というものは古来の哲学者から現代人の学者まで色々と研究がなされていますが。一般人でも共通した物の見方というものは存在します。もちろん良い物の見方というものもありますが、中にはバイアスという物の見方も人間には確かに存在をしており、これが色々な問題を引き起こすことはよく知られています。

バイアスの意味とは

バイアスは日本語に訳すと偏りという意味合いになり、大まかには偏見、先入観、傾向などの意味として用いられます。偏見や先入観に関してはややネガティブなイメージとして用いられることも多く、思考や判断に偏った思い込みを与えてしまう原因ともなります。

バイアスは一般的な物の見方として用いられる他にも、認知的バイアスや感情バイアス、正常化バイアスなどの心理的な作用として多く用いられています。恣意的なバイアスなどは個人では気づくことが多くなく、それゆえに災害などの危機的状況などで判断を誤ってしまうバイアスば命などにも関わります。正常化バイアスは何となく自分は大丈夫だろうという思い込みであり、例えば災害などで何となく助かるだろうという思い込みで行動してしまう事例などがあります。また最近ではメディアバイアスなどの文化的な方面や、ジェンダーバイアスなどの社会的な問題にもバイアスなどは大きく関わっており、今日の社会において考えるべき議論として上がっています。

バイアスの由来

バイアスは英語で「bias」と書き、これをカタカナにしたものがそのままバイアスとなっています。

バイアスの文章・例文

例文1.統計をそのまま受け取ってしまう認知的バイアス
例文2.メディアバイアスに批評的であることは大事だ
例文3.正常化バイアスは災害などでよく起こるが、備えるにこしたことはないだろう
例文4.ジェンダーバイアスやミートゥー問題
例文5.ビジネスシーンで起こる無意識バイアス
バイアスはおそらく人間が生まれて知恵を持つ段階から存在してきたのでしょう。1人個人の物の見方から始まり、それが色々と大きな社会問題としてのバイアスを生み出すことは歴史を見れは明らかでしょう。より大きなバイアスなどは戦争などを引き起こしてきましたし、今日ではインタネット上でも色々なバイアスなどが飛び交っており、メディアリテラシーが試されています。

バイアスの類義語

バイアスは日本語で偏見や先入観であり、これが大まかに使われている意味や類義語でしょう。傾向という意味合いもありますが、大きな意味としても類義語と言えるでしょう。四字熟語になりますが依怙贔屓などもバイアスが掛かった見方や行動として共通しています。

バイアスまとめ

人間の物の見方は多様性があり、人それぞれの個性として尊重すべきものではあります。しかし一方でバイアスと呼ばれる物の見方は時に自分の行動や他人への行動に対して悪い影響を及ぼすこともあり、常に批判的であることが求められます。またメディアバイアスやジェンダーバイアスなど、現代に生きる人の共通問題としてもバイアスは存在しており、リテラシーなどを持つことが望ましいでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事