ノスタルジックに哀愁にひたる

ノスタルジック(nostalgic)

皆さんは故郷から遠く離れた異郷の地において郷愁に誘われることはあるでしょうか。故郷にしばらく帰っていないと恋しく思うことがあると思います。また、昔の写真や小学校や中学校のアルバムを見ると懐かしい気持ちになりますよね。そのように懐かしさを感じさせたり、失われたものに対して思いを馳せたりするときに使われる言葉がノスタルジックです。そもそも、皆さんはノスタルジックという言葉を知っていますでしょうか。今回は、そんなノスタルジックについて説明していきたいと思います。

ノスタルジックの意味とは

ノスタルジックとは、懐かしさを感じさせる、失われたものや得難いものに対して思いを馳せたり、恋しさを抱いたりする様子を表すときに用いられます。

ノスタルジックの由来

英語のnostalgicは「懐旧、郷愁」という意味を持つ名詞nostalgiaの形容詞形です。英語からの派生でカタカナ英語となっています。

ノスタルジックの文章・例文

例文1.この町は、今も江戸時代を感じさせるノスタルジックな雰囲気を漂わせる建物が多く残っている。訪れた観光客は、口を揃えてまた行きたいと言うおすすめ観光スポットである
例文2.昭和を思い出させる懐メロを聞いてノスタルジックな気分になった
例文3.この旅館は改築、改装されているものの、ほぼ明治時代に建設されたときの外観なので、あたり一帯はノスタルジックな雰囲気を醸し出している
例文4.昔通っていた木造校舎の小学校が廃校になったと聞いて訪れてみるとなんともノスタルジックな光景であった
例文5.ノスタルジックな旧道を進んだ先に風情溢れる景色が飛び込んできて息を飲んだ
ノスタルジックは、郷愁を感じる風情や景観を言葉で表現する際に使えるとても便利な言葉です。

ノスタルジックの関連語

ノスタルジックの関連語としては「哀愁」「情緒」「エモい」などがあげられます。

ノスタルジックまとめ

今日、ノスタルジックやエモいのように英単語が語源となる横文字が使われる機会がとても多くなりました。
ビジネス用語でも、よく使われる横文字としてアジェンダイシューなどが挙げられます。これらは、多くのビジネスシーンで用いられます。きっと今後使う機会があるので是非覚えていて損はないはずです。もし、ビジネス用語が使われたとしても知らなければ意味を理解することができませんし、何よりスムーズに会議などを進めることができなくなってしまいます。言葉の意味を知らずに恥をかかぬように覚えておいて使いこなせるといいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事