ドーピングをしている

ドーピング(doping)

オリンピックやワールドカップなど、日本においてもスポーツ業界は何かと話題になりやすいですね。特に最近では、スポーツ業界にもイケメンや美女が多く、スポーツの内容はよくわからないけど、関心があるという人も多いのではないでしょうか。それとは反対に悪い意味で目を引く問題の1つが「ドーピング」です。なんとなく薬物関係?といったざっくりしたイメージはある人が多いと思いますが、実際になんでそれが違反なのか、どういう影響があるのかを詳しく解説していきたいと思います。

ドーピングの意味

ドーピングというのは、肉体を使う競技において、一時的に筋肉を増強して身体能力を上げるような薬物を使用したり、物理的にそういう状態になるような行為を行い、それを隠蔽することを定義としています。気分を高揚させたり、興奮剤と言ったものの使用も禁止されており、これらはサプリメントの中にも成分として含まれていることがあります。知らず知らずのうちに摂取していることもあるので、「うっかりドーピング」などとも呼ばれます。

ドーピングの由来

ドーピング英語の「dope」からくる動名詞で、どの意味は、南アフリカ原住民のアルコール飲料が由来とも、オランダ語の濃いディッピングソースを意味する「doop」が由来とも言われており、諸説存在しています。

ドーピングの文章・例文

例文1.ドーピングをして大会に出るのは卑怯だ
例文2.このサプリメントがドーピングに引っかかるなんて知らなかった
例文3.あの選手の身体能力は高すぎる、ドーピングじゃないのか
例文4.ドーピングは大会の違反行為に当たる
例文5.私はドーピングを使わずに正々堂々と勝負する
ドーピング問題が囁かれると、メディアや会話でもよく取り上げられますね。

ドーピングの会話例

  • 質問者アイコン

    あの陸上選手の足の速さは異常だよね。

  • 回答者アイコン

    もしかしてドーピングなんじゃない。
    幾ら何でもタイムが異常だよ。

  • 質問者アイコン

    まあそうかもしれないね。

  • 回答者アイコン

    ニュースとかで何もやってないから、疑ってもしょうがないんだけどね。

実際問題、ドーピングがされているかされていないか精密な検査でなければわからないこともあります。

ドーピングの類義語

禁止されているドーピング剤の中には様々な種類のものがあり、「蛋白同化薬」や「ホルモン調整剤」といったものも禁止薬物として含まれています。

ドーピングまとめ

そもそも、ドーピングが禁止されている理由として、「フェアプレイの精神が損なわれる」「競技としての価値がなくなる」などの理由が挙げられています。もっとも、自分が積み上げてきたものに対して疑いを持たない人は薬物に頼るというようなことはしないでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事