テクニカル分析

テクニカル分析は、株や為替などの取引の際に、過去の価格や出来高などから将来の価格を分析する手法となります。最近のネット証券のテクニカル分析は大変充実していて、移動平均線、RCI、ストキャスティクス、モメンタムなどいくつものテクニカル指標が備わっています。

テクニカルは英語表記で「technical」となり、技術や専門などの意味となります。投資の世界ではテクニカルと見聞きすると、それは「テクニカル分析」を指しています。経済ニュースなどでは、「テクニカル的には買い」等の使われ方が多く、その信ぴょう性はともかく、現在も頻繁に利用されている投資用語です。

テクニカル分析の意味とは

株や為替、さらには先物やオプションなど相場にはいくつもの取引市場があります。これらはさらに銘柄やいくつも分散しているので、それを適当に売買を繰り返しても、手数料を搾り取られて負けるだけになります。
そこで登場したのが、売買の判断材料となる「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」なのです。多くの投資家は、株や先物を取引する際には、過去の値動きや出来高などから分析する「テクニカル分析」、または景気や政治動向などから分析する「ファンダメンタル分析」を駆使して、相場に挑むのが通常の方法です。

テクニカル分析は別名「チャート分析」とも呼ばれ、チャートの値動きから独自に判断する事ができます。また、その際には移動平均線、RCI、ストキャスティクス、モメンタム、パラボリック、一目均衡表など30~40は用意されているテクニカル指標を組み合わせて分析するのが一般的です。
主に順張りと逆張りに分けられるテクニカル分析は、相場が大きく上昇したので流れに乗って買い建て、または反対に高くなり過ぎたので売り建ての二つしか手法として存在しません。よって、テクニカル分析のどのテクニカル指標を取り入れても必ず成功するとは限りません。それどころか、テクニカル分析やファンダメンタル分析を用いても、実際は相場から利益を上げられないのが現実です。

それでも、相場に参戦する多くの投資家は、テクニカル分析やファンダメンタル分析に頼っているのも事実で、短期的や長期的には一部の投資家が利益を上げているのも事実です。
テクニカル分析は短期取引向きで、対するファンダメンタル分析は長期取引向きとされ、どちらも一長一短があるので、個人の好みでどちらを利用したり両方を用いるのが望ましい手法ではないでしょうか。

テクニカル分析の由来

相場の歴史はとても古く、テクニカル分析も正確な由来や語源は掴めませんでしたが、日本がテクニカル分析の画期的なチャートであるローソク足を発明したのは、案外知られていません。
江戸時代に相場師の本間宗久が、コメの先物取引で価格変動を見易くする為に発明されたのがローソク足チャートで、そこから「酒田五法」というテクニカル分析が誕生しました。

テクニカル分析の文章・例文

例文1.コンピューターがテクニカル分析を導入しているのが現在の取引
例文2.チャートだけのテクニカル分析には限界がある
例文3.テクニカル分析とファンダメンタル分析の良い所は?
例文4.投資素人でもテクニカル分析で大勝できた
例文5.テクニカル分析を行うトレーダーの心理
テクニカル分析は投資用語なので、それに絡めた文章で使われるのが一般的です。また、最近はコンピューターやAIがテクニカル分析を用いているので、相場の乱高下に影響を与えているとされています。

テクニカル分析の類義語

テクニカル分析の類義語には、「ファンダメンタル分析」「相場分析」「相場環境」などの言葉が挙げられます。

テクニカル分析まとめ

テクニカル分析を極めても相場で勝つのは難しいのが現実ですが、さらに資金管理や精神面であるメンタル、もちろんファンダメンタル分析などをバランス良く組み合わせる事で、相場に長期間生き残り利益を上げられる可能性があるのも事実です。
移動平均線やストキャスティクスなど、チャートを分析するツールがテクニカル分析で、株や為替などの取引を行うネット証券会社には絶対に欠かせられない基本となっています。証券会社のチャートに、テクニカル分析が導入されていないのはまず有りえないほど、現在は普及しています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事