今日はストロベリームーン

ストロベリームーン(strawberry moon)

天気さえ良ければ毎晩のように見ることができる「月」ですが、その形状や見れる時期によって様々な呼び名があります。例えば、まん丸の状態なら「満月(full moon)」、半分なら「半月(half moon)」弓形なら「三日月(crescent moon)」と一般的には呼ばれます。それとは別に、時期的に呼ばれる呼び名のひとつで、「ストロベリームーン」と呼ばれることがあります。この呼び方の解説をしていきたいと思います。

ストロベリームーンの意味

ストロベリームーンというのは、6月に月が少し赤みを帯びて見える現象のことです。この現象は月の登り始めぐらいに少しピンクっぽく見えるのですが、その原因は時期的に空気中に水蒸気が多くなることから地表から近いところにある間は少し赤みを帯びて見えると言われています。なので、登るにつれてだんだんと白く見えるようになっていきます。

ストロベリームーンの由来

ストロベリームーンという名の由来はアメリカからきており、アメリカ先住民が季節の把握のために各月の満月に名前をつけているところからきている。6月がちょうどイチゴの収穫期にあたるため、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです。

ストロベリームーンの文章・例文

例文1.今日はストロベリームーンが見られるらしい
例文2.ストロベリームーンってことは赤く見えるんだろうか
例文3.ストロベリームーンってどんな月なんだろう
例文4.一度ストロベリームーンを見てみたい
例文5.ストロベリームーンが見れなくて残念だ
当然のことながら、月は晴れていないと見ることができないので、見るためには運の要素も必要になります。

ストロベリームーンの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の夜はストロベリームーンが見られるらしいよ。

  • 回答者アイコン

    ストロベリームーン?
    それってどんな感じなの?

  • 質問者アイコン

    ストロベリーって言うくらいだから、赤く見えるんじゃないかな?

  • 回答者アイコン

    本当にそうだったらすごいね!

ストロベリームーンは真っ赤に見えるわけではなく、あくまでも少しピンクがかっているという程度なので、過剰な期待はしないように気をつけてください。

ストロベリームーンの類義語

他にも満月の呼び名としては「スーパームーン」や「ブルームーン」と呼ばれる状態や現象があります。

ストロベリームーンまとめ

ストロベリームーンに限らず、年間を通して様々な様相を見ることができます。ただ、天候や場所など運の要素も必要なので、そういった天体ショーにお金や時間を割く人がたくさんいます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事