シグネチャー(signature)

シグネチャーは署名のことや契約することなどといったことです。皆さんは署名やサインをしたことがありますか。何か契約をするときや宅配物を受け取る時などには署名をすることもあると思います。そんな署名やサインを表す言葉がシグネチャーです。今回はそんなシグネチャーについて例文を交えて見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

シグネチャーの意味とは

シグネチャーの意味は署名のことや契約することなどといったことです。ビジネスシーンにおいて契約や署名をすることを表す際に用いられることが多いです。

シグネチャーの由来

シグネチャーの由来は英単語である「signare」にあるとされています。「signare」は署名やサインといった意味があり、シグネチャーという言葉として使われるようになったのです。

シグネチャーの文章・例文

例文1.取引先から仕事の件で連絡がきたが、送られてきたメールにはシグネチャーがなかった。
例文2.シグネチャーモデルの製品を発売することによって大きな利益を得る。
例文3.契約するにあたってシグネチャーを求められる。
例文4.シグネチャーシステムを利用することによってより情報が改ざんされていないか確かめる。
例文5.昔からこのシグネチャーブランドは圧倒的な人気を誇る。
これらからシグネチャーは様々な使い方をされることがわかります。色々な使い方を知っておけるといいと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

シグネチャーの会話例

  • 質問者アイコン

    これからメールを送る時には、名前、所属、住所、電話番号を記載するように頼むよ。

  • 回答者アイコン

    はい。わかりました。シグネチャーが挿入されるようにしておきます。

  • 質問者アイコン

    うん。でなければ相手は誰からメールが来たか把握できないからね。

  • 回答者アイコン

    はい。他にもあれば都度指摘お願いします。

これは、メールの送信方法について話している様子です。

シグネチャーの類義語

シグネチャーの類義語には、「落款」「名書き」「書き判」などがあります。

シグネチャーまとめ

シグネチャーには、例文示したように様々な使い方があるのが特徴です。メールであれば送信者について内容を意味しており、シグネチャーブランドであれば創業者の名がつくブランドのことを示しています。シグネチャーの意味は署名やサインのことですが、文脈によって少し異なるニュアンスを持つということを知っておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事