コンプライアンス

情報化社会になり、以前は暗黙の了解であった様な事柄が今やコンプライアンス違反となる様な時代になり、あらゆる媒体でコンプライアンスという言葉を耳にするのではないでしょうか。コンプライアンスは情報化社会、開かれた社会の為にはどうしても必要な事である事は間違いないと言えるでしょう。

コンプライアンスの意味とは

コンプライアンスの英語表記は「compliance」となり、「comply」の動詞形となります。直訳すると追従、順守となります。一般で言われる「コンプライアンス=法令遵守」となり、倫理に反する行為を行わない、企業倫理の醸成、社内規定やマニュアル、法務対策も含めて信用が問われる時代の為、各企業ともにかなりコンプライアンスについては厳しくなっていると言えます。

コンプライアンスの由来

コンプライアンスの由来は英語の「comply」に動詞形であり、カタカナ英語とも言えますが、由来は英語です。

コンプライアンスの文章・例文

例文1.コンプライアンスを念頭において行動する
例文2.新入社員にコンプライアンス教育を行う
例文3.コンプライアンス重視の経営が社会的信用に繋がる
例文4.コンプライアンス違反は徹底的に排除する
例文5.反社会的勢力との取引はコンプライアンス上の問題となる

昨今は企業のあらゆる膿が出ている時期であり、「過労死」「残業代の未払い」「横領」「インサイダー取引」「粉飾決算」「脱税」「産地偽装」「個人情報漏えい」「データ改ざん」など大手企業でも多くの会社がコンプライアンス違反を犯して、社会的信用を失墜させています。上場企業の場合だと、それが株価と連動して投資家が多大な不利益を被ったり、不買運動に繋がる可能性もあり、企業としての価値としてコンプライアンスの徹底が求められています。

コンプライアンス類義語

コンプライアンスの類義語としては、「企業倫理」「行動倫理」「道徳規範」などがあげられます。

コンプライアンスまとめ

コンプライアンスが広がった背景として、情報化社会が一気に進んだ事、情報の拡散・伝播のスピードが早くなったこと、企業に対するメディアの壮絶なバッシングもさることながら、リスク管理を正しく行い、効率的な健全経営を行う事で企業価値の向上が見込まれる点が挙げられます。
コンプライアンスに対応して業務にあたる事は全ての企業に課せられた責務であるとも言えるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事