コンテクストマーケティング(Context marketing)

「コンテクストマーケティング」とは「一人ひとりの消費者に適したサービスを提供するマーケティング手法」です。AmazonやGoogleなどの商品宣伝が代表的な「コンテクストマーケティング」で、例えば検索した結果から適した商品がサイトで紹介されたり、新商品をおすすめ欄に出す宣伝スタイルの事です。今ではすっかりお馴染みなので便利な機能だと思っているでしょうが、実は全て計算尽くされた画期的なマーケティングなのです。

[adstext]
[ads]

コンテクストマーケティングの意味とは

「コンテクストマーケティング」の意味は以下の通りとなります。
(1)顧客や消費者の背景や文脈を理解し、最も相応しい商品やサービスを提供する手法。
(2)消費者の購入意欲を高めるマーケティング手法で、状況に合わせて最新商品や人気商品の情報を提供するIT企業などが得意とするサービス。
”コンテクスト”は英語表記「context」で直訳すると「(文章の)前後関係」「文脈」「状況」「環境」、”マーケティング”は英語表記「marketing」で同じく直訳すると「市場売買」「企業の市場活動全般」「企業が消費者に商品などを提供する活動」で、消費者の背景などを理解した企業マーケティング活動が「コンテクストマーケティング」です。日本らしく言うなら「おもてなしサービス」「消費者を慮った商品やサービス提供」といった感じになり、要するに市場データなどを単純に鵜呑みにするのではなく、その裏に隠された背景などを察して消費者が本当に望んでいる商品やサービスを提供する手法となります。ですから少々漠然としていて、昨今注目のマーケティング手法は何でも当て嵌まる感もあり、例えばGoogleやYahoo!が導入している個人データからの顧客に合った広告配信「オーディエンスターゲティング」やネット広告なども一種の「コンテクストマーケティング」となります。その典型的な例がAmazonの購入履歴から「おすすめ商品」が表示される仕組みで、顧客側も商品選びに役立っています。一方で、この先読み的な商品販売スタイルも既に飽和状態となっているのも事実です。

コンテクストマーケティングの由来

「コンテクストマーケティング」の始まりは正確には分かっていませんが、Googleが2002年2月から始めた検索連動型広告「Google AdWords」と言われています。これは顧客に合った広告をネット配信する事で、消費者が本当に望むサービスを可能としました。

コンテクストマーケティングの文章・例文

例文1.Amazonの定期おトク便サービスはコンテクストマーケティングの究極だと個人的に思っている。
例文2.コンテクストマーケティングで確かに買物は便利になったが、AmazonやGoogleなど巨大企業がさらに売上を伸ばし地方商店街や中小企業は滅んでいくのだから複雑だ。
例文3.家族や友人に親戚付き合いもコンテクストマーケティングのように最適化され、これからはお節介を働く人も減っていくのだろう。
例文4.スマホを持たされている事は、どんなに足掻いてもコンテクストマーケティング手法の世界に浸かっているも同然だ。
例文5.兄は大手IT企業に入社してマーケティング分析という名のコンテクストマーケティングを日夜徹底的に推し進めた結果、体調不良と鬱を患って退社をしてしまった。
マーケティング手法である「コンテクストマーケティング」の例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コンテクストマーケティングの会話例

  • 質問者アイコン

    いつも家に帰ってくると、夕ご飯にお風呂が用意されていて、本当に感謝だよ。

  • 回答者アイコン

    それだけじゃないでしょう。洗濯に掃除、買物なども全部やってあるでしょう。

  • 質問者アイコン

    本当だね。当たり前になっていたけど、全て完璧だよ。まるでコンテクストマーケティングみたいで、全て俺の心情を理解した上での計算尽くされた手際の良さ。

  • 回答者アイコン

    やっと分かってくれたのね。だから、明日(高級)バッグを買っていいわよね。

家事が完璧な妻とその夫の会話となります。

コンテクストマーケティングの類義語

「コンテクストマーケティング」の類義語には、「コンテンツマーケティング」「ソーシャルメディアマーケティング」「インフルエンサーマーケティング」「インバウンドマーケティング」「リスティング広告」「PPC広告」などの言葉が挙げられます。

コンテクストマーケティングまとめ

「コンテクストマーケティング」は消費者の気持ちを先取りするようなマーケティング手法で、近年のネットと組み合わせた宣伝広告や企業活動の代表的なものです。”コンテクスト”は「文脈」「状況」といった意味なので、そこから消費者の心情などを読み解いて最適なサービスを提供するのが「コンテクストマーケティング」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事