コモディティ化(こもでぃてぃか)

コモディティ化」とは「どんなに魅力ある商品でも、いずれは付加価値が無くなるという経済用語」です。最新技術や性能が優れていると宣伝されたスマホの購入を検討していたが、どうせ半年もしないで競合他社から類似商品が発売されるから、暫くは様子見にするかと思った事がありませんか? これは良い商品ほど売れるという理論から、競合他社も多く参入するのでいずれは市場に類似の製品が溢れるのです。歴史を振り返れば車やエアコンにテレビ、現在でもスマホやパソコンなども全てその通りですよね。そんな「コモディティ化」についての解説となります。

[adstext]
[ads]

コモディティ化の意味とは

コモディティ化」の意味は以下の通りとなります。
(1)高付加価値商品の魅力が低下して、一般的な商品になる事を指すビジネスやマーケティング用語。
(2)特別視されていた商品も時間経過で類似商品が市場に出回ると魅力が半減する事で、「一般化」や「大衆化」とも呼ばれる。
(3)「コモディティー化」も同義。
”コモディティ”は「商品」「一般化して差別化出来なくなった製品やサービス」、”化”は「形や状態が移り変わる」「他の物に姿を変える」で、これまで独自の魅力を放っていた商品に類似商品が多く販売されたり、市場が活性化したおかげで他の商品の魅力が上がった事で差別化が無くなってしまった状態が「コモディティ化」(英語表記:Commoditization、又はcommoditizing)です。ですから、簡単に言えば「ブランド価値の低下」となりその商品の魅力が薄まった事で、わざわざ無理をして買う必要がなく「一般化」や「大衆化」とも呼ばれます。この「コモディティ化」は究極的にはどんな商品やサービスでも最終的には陥るので、例えば高級ブランドなどでも時間経過でいずれは大衆的な扱いになりますし、画期的な新機能や新技術なども同様です。よって、あらゆる産業で「コモディティ化」は起こるので、それを如何にして先延ばしにするかが企業側の努力となっているようです。新しい画期的な発明よりも、従来品の改良である後発品の方が楽なだけでなくニーズが高い事も多く、また欠点を改善する方が圧倒的に簡単なのも「コモディティー化」が起こる要因となっています。逆に言うなら消費者にとっては「コモディティー化」は購入選択の幅が広がるだけでなくより良い商品を割安に買えるメリットがありますが、企業側としては価格競争が起こるだけでなく確立したブランド力やサービスなどが落とされる事となり、最終的には企業が育たないので消費者にも画期的な商品が少なくなるデメリットとなります。

コモディティ化の由来

コモディティ化」の由来は残念ながら不明ですが、元々は「コモディティ」として原油・トウモロコシ・大豆などの商品先物取引を指す言葉でした。現在でも商品先物取引ではこれらの銘柄を「コモディティ」と呼びますが、21世紀(2001年)になってからはビジネスやマーケティング用語として「コモディティ化」として使われるようになっていきました。

コモディティ化の文章・例文

例文1.経済が発展すればする程、コモディティ化も起こるとは皮肉なものだ。
例文2.コモディティ化の典型と言えばスマホやパソコンなどデジタルコンテンツになる。
例文3.今後はコモディティ化をどのように回避するかがポイントではないのか。
例文4.携帯各社の料金や軽自動車の価格が横ばいなのは、コモディティ化が原因とされている。
例文5.現在は明らかにコモディティ化の弊害の方がメリットを大きく上回っている。
主に経済活動として「コモディティ化」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コモディティ化の会話例

  • 質問者アイコン

    相談があるんだけど…、どうしても新しいパソコンが欲しいんだよ。来月の給料で買っていいかな?

  • 回答者アイコン

    駄目よ。数か月前にスマホだって新しいのを買ったばかりでしょう。

  • 質問者アイコン

    そうだけど、新しい製品が発売されたら欲しくなるだろ?

  • 回答者アイコン

    嬉しいのは最初だけだって。数カ月もすれば別メーカーからもっと良い性能のパソコンが発売するでしょう。それがコモディティ化の世の中なんだから、無理して新製品を買うのは損するだけよ。

新製品を購入したい夫を諦めさせようと、妻が言い包めています。

コモディティ化の類義語

コモディティ化」の類義語には、「汎用品化」「普及品」「常識化」「標準化」「カジュアル化」「画一化」「均一化」などの言葉が挙げられます。

コモディティ化の対義語

コモディティ化」の対義語には、「差別化」「差異化」「個性化」などの言葉が挙げられます。

コモディティ化まとめ

コモディティ化」はその商品に備わっていた魅力が時間経過や類似商品の参入などの要因で薄れてしまい、一般的な商品になってしまう事です。これは人気の最新家電やサービスなどあらゆる分野で起こる経済発展に伴う弊害とされ、最近では人材においても個性が無くなる「コモディティ化」が問題視されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事