コスパの良い投資先を探している

コスパ(cost performance)

コスパの意味は、費用と効果を対比させた度合いのことです。皆さんは何かを購入する時にどういった点を重視しますか。機能を重視する人もいれば、レビューを重視する人もいます。中には、支払う金額に対してより良い性能が、よりよい効果が期待できる所謂、コストパフォーマンスが高いものを重視する人もいると思います。今回は、そんなコストパフォーマンスの略語であるコスパについて見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

コスパの意味とは

コスパの意味は、費用と効果を対比させた度合いのことです。支払う金額に対して他の比較対象より良い効果が期待できる際には、コスパが良いやコスパが高いといいます。ただ、英会話ではコスパという単語は日常会話では使われることのない経済専門用語であることを覚えておけるといいと思います。

コスパの由来

コスパは英単語の「cost performance」が由来となっています。それが日本でコストパフォーマンスと言われて使われるようになり、略語のコスパという言葉が使われるようになったと考えられています。

コスパの文章・例文

例文1.いつも何かを買う時には、比較サイトを参考にコスパが1番高いものを買うようにしている。
例文2.コスパがいいものは、価格に対して大きな効果が期待できるのでとても有難い。
例文3.生産数が少ないものはどうしてもコスパが悪くなりがちだ。
例文4.大量生産を行うことにより、安く、性能が高く、コスパの良い製品を消費者に届ける。
例文5.いくら革新的な製品だろうとコスパが悪ければ、買う人は少ないだろう。
これらからコスパは、費用と効果を対比させた度合いのことを表すには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コスパの会話例

  • 質問者アイコン

    今度新しくパソコンを買おうと思うだけど君はどんな点を重視しているんだい。

  • 回答者アイコン

    僕は、コスパがいいものを買うことが多いかな。ただ君の場合は動画編集をするのだから性能の高いパソコンを買った方がいいんじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。教えてくれてありがとう。確かに性能が低いも処理にも時間がかかってしまうからね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。今度1度お店に行って相談してみるといいよ。

これは、パソコンを買うか迷っている様子です。

コスパの類義語

コスパの類義語には、「スループット」「効率」「能率」などがあります。

コスパまとめ

コスパという言葉は日常会話でもよく耳にすることが多い言葉です。お手軽な価格でよい効果が得られるものを購入した時には、爆アドと感じる人も少なくないです。コスパというものは、私たち消費者にとってはとても親密な関係にある言葉なので是非これを機に覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事