アドレナリンがでている様子

アドレナリン(adrenaline)

みなさんは、「アドレナリンが出ている」と思ったことがありますか?映画などでは、絶体絶命の窮地に追いやられた時などにアドレナリンが出てないと無理なアクションをすることが多々あります。
ですが、日常においてあまりそういった機会はないでしょう。では、その場合どのようなことが起こるでしょうか。また、アドレナリンとはなんなのかその意味も詳しく説明します。

アドレナリンの意味

つまり、「アドレナリン」とは「動物が敵から身を守る」ようにわざとすることで一種の麻痺状態にし、さまざまな感覚を鋭敏にしたり、力を引き出したりするのです。

アドレナリンの由来

アドレナリンが分泌されるような条件とは、恐怖や不安を感じた時、緊張や興奮状態の時など、つまり、生物的に弱っているとき、または絶体絶命のときにアドレナリンが分泌されるという事です。

アドレナリンの文章・例文

例文1.アドレナリンがでたのか、この仕事が早く終わった。
例文2.この間の事故でアドレナリンが出て、火事場の力で玄関をこじ開けることができた。
例文3.そんなに頻繁にアドレナリンが出る場面はないほうがいい。
例文4.アドレナリンが出たら、いろいろなおとが気になりだした。
例文5.アドレナリンが出たことによって、好成績を収めることができた。
アドレナリンは、本当に最終手段のようなものなので、そんなにコントロールして出すようなものではありません。平凡な日常生活においては特に活用する場面はありませんし、ないほうが良いでしょう。

アドレナリンの会話例

  • 質問者アイコン

    うおおおおおおおおお!
    今日こそこの仕事終わらせるぞ!締め切りギリギリになっちゃたけど今日で全部なんとかするんだ。

  • 回答者アイコン

    おーおー気合入ってんな。アドレナリンばしばし出てるんじゃないの?

  • 質問者アイコン

    すみませんが、今集中したいんで他の仕事はほかに回してください。

  • 回答者アイコン

    いつもやってくれているからな、わかったほかに回すよ。まあ頑張りたまえよ。

アドレナリンがでていたら、仕事が思っていたよりもはかどったという事はありますが、あまり頻繁にその力をあてにしないほうがいいと思います。

アドレナリンの類義語

アドレナリンが出ることを「分泌」、またアドレナリン自体を「ホルモン」として表現することができます。

アドレナリンまとめ

どうでしょうか。このようにして、アドレナリンが出た状態というのは、とても無敵になることに近いのです。ですが、あまりそのような事態にならないのが最善であると思います。
みなさんにも、「そういえばあのとき、アドレナリン出てたかも」ということがあるかもしれません。人生いろいろ、アドレナリンがどばどば出る人生は遠慮したいですが、ある程度ならいいかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事