アセンブラ

皆さんはアセンブラという言葉を聞いたことがあるでしょうか。日常会話などでは滅多に使われることがない言葉だと思います。では一体、アセンブラとはどういったものなのでしょうか。

アセンブラの意味とは

アセンブラはアセンブリ言語をCPUが理解できるように機械語に翻訳するプログラムのことです。中央演算処理装置は本来私たちが使っている高級言語を理解することができません。ですから人間が読める言語の形であるアセンブリ言語で記述されたプログラムは、アセンブラを用いて機械語に変換する必要があるのです。つまり、アセンブラを使って機械語に変換されればCPUは処理をすることが可能になるのです。

アセンブラの由来

アセンブラという言葉は元々「アセンブル」という言葉と「もの、人」という言葉を合わせて名付けられています。「アセンブル」は「assemble」という動詞が元となっており、組み立てるという意味です。
「もの、人」は「-er」と表せられます。これらを合わせて「アセンブラ(assenbler)」と呼ばれているのです。意味としては組み立てるもの、人という意味になりますね。

アセンブラの文章・例文

例文1.機械が理解できるアセンブリにするため、アセンブラする
例文2.機械語に変換するため、アセンブラする
例文3.アセンブラはされた機械語をCPUに処理させる
例文4.アセンブラされたものは人間には理解が難しい
例文5.入力情報をアセンブラする

アセンブラの関連語

アセンブラの関連語としては「アセンブリ」などがあげられます。

アセンブラまとめ

普段の私たちが使用しているコンピュータは使いやすいように作られていることがよくわかると思います。アセンブラという技術のおかげで私たちはアセンブリを機械語に変換する手間が省けているのです。機械語への変換を人が行うこと(ハンド・アセンブル)もありますが、それはすごい大変な作業です。アセンブリをアセンブラし、CPUが理解できるように変換していると考えるとすごいですよね。これがもし、機械語に変換を自分たちでやらなければいけなかったらとてもCPUに処理命令を出すだけでも一苦労です。アセンブラという技術に感謝ですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事