アセスメントを意識して仕事をする

アセスメント(assessment)

「アセスメント」とは何かと質問をして、その人によって回答が違うので混乱をした覚えがありませんか? 実は回答者のどれもが正解の可能性もあります。なぜなら、その業界や分野によって意味がそれぞれ違ってくるからです。大きな柱となる意味は同じですが、細かくあげるとそれぞれの業界によって違うので、経歴が長い人ほど解釈が違ってくるのです。それぐらいいくつもの意味がある言葉が「アセスメント」です。逆に言うなら、自分と関係がない分野の「アセスメント」まで知識として身に付けると、博識だと思われるでしょうね。それでは、解説となります。

[adstext]
[ads]

アセスメントの意味とは

「アセスメント」の意味は以下の通りとなります。
 (1)査定、評価、事前評価、事前予測など。物事の総体としての量・価値の計算的評価。
 (2)評価や査定をする事。そこから関連して環境アセスメント、製品アセスメント、人材アセスメントなどと呼ばれる。
 (3)ビジネス面では客観的評価となりその製品や危険リスクに対して使い、同様に医療や介護分野、科学技術分野、テクノロジー分野、ソフト分野などで多岐に渡って使用される。

「アセスメント」は直訳すると評価・査定となり、そのままでも使用されますが、現在は「環境アセスメント」や「製品アセスメント」のように「○○アセスメント」と使用されるケースが大変多いです。それはビジネス用語という括りで大変便利で、それぞれの分野で都合良く使える点があるからです。要するに、評価や査定という前提となる大きな意味はあるが、それ以外はそれぞれで事前評価や事前調査、過程や途中経過、総合評価となる場合もあります。例として、ある大規模な開発を模索している大企業が「環境アセスメント」と発すれば、そこには開発によって環境にどのような影響を与えるか予測の調査や評価をする事です。「製品アセスメント」は廃棄物になった時に処理しやすいか等の事前調査、「人材アセスメント」はある人物の適正などを踏まえた事前調査、「介護アセスメント」は介護対象者の状況などをケアプラン作成時の評価で、「テクノロジーアセスメント」は技術検証、「リスクアセスメント」はリスクに対する事前評価や安全基準具合となります。

アセスメントの由来

日本では「アセスメント」は様々な分野で使われているので、発祥や起源となると諸説が入り乱れています。元々は英語「assessment」を拡大解釈して和製英語的な「アセスメント」として幅広く使ったのが最初とされています。中央省庁のお役人が、その界隈だけの独自な言葉として「アセスメント」を使い始め、それが1980年代に入ると文章や報告書だけでなく、ニュースやテレビなどのメディアでも使用される言葉になりました。遂には、1999年に施行された環境影響評価法は「アセス法」と呼ばれる認知度になったのです。

アセスメントの文章・例文

例文1.大企業のエリートサラリーマンを目指すなら、アセスメントの正しい解釈ぐらい理解しないと務まらない。
例文2.部長による苦言で、製品アセスメントを見直す運びとなった。
例文3.アセスメントだけでは漠然としているので、頭に言葉を付け足してどのアセスメントなのか分かるようにする。
例文4.アセスメントは代表的なビジネス用語の一つだ。
例文5.今後はさらにアセスメントの種類が増えていくのは確実だ。

「アセスメント」を使った様々な例文パターンです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アセスメントの会話例

  • 質問者アイコン

    ビジネス用語を勉強していたら、アセスメントを使った言葉があまりにも多くて辟易しています。

  • 回答者アイコン

    あー確かに、何々アセスメントって本当に嫌になるぐらい多いよね。

  • 質問者アイコン

    だって、基本的には評価や査定っていう意味じゃないですか! それなら環境評価、リスク評価で良くないですか? それを何でもカタカナにして、嫌になりますよ。

  • 回答者アイコン

    多分、それが狙いなんだろうね。漠然としたオブラートで包むように、アセスメントに言い換えると、良くも悪くもどちらにも都合良く解釈できそうじゃない。

「アセスメント」を過剰に使うビジネス用語に、文句を言い合う会話です。

アセスメントの類義語

「アセスメント」の類義語には、「エバリュエーション」「オプティマイズ」などの言葉が挙げられます。

アセスメントまとめ

「アセスメント」の基本的な意味は、評価や査定、事前評価や事前予測となりますが、ビジネス用語としてはさらに応用されて、環境アセスメント・製品アセスメント・人材アセスメント・医療介護アセスメント等々挙げたらキリがないほど様々な分野で導入され専門用語となっています。どの分野でも本質としては、直訳の評価や査定という意味が大きいが、例えば介護分野では介護者の状態分析、製品や環境アセスメントはその負の影響に対する事前調査となり、同じ「アセスメント」を使った言葉同士でもその規模が全く違うのが最大の特長です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事