アイキャッチ(あいきゃっち)

アイキャッチとは、映像や画像を使って見る人の注意を引き付ける事で広告や宣伝における手法の一つです。実は、わたしたちの周りではたくさんのアイキャッチが使われています。またアイキャッチとサムネイルの違いについても、今回は「アイキャッチ」について徹底的にご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

アイキャッチの意味とは

「アイキャッチ」とは、広告や宣伝における手段の1つで、映像や画像などを使って見る人の注意を引き付けることを意味します。アイキャッチとサムネイルの違いはアイキャッチは画像で人の注意を引き付けるものであり、サムネイルはそれを更に縮小させたものです。わかりやすい例で言えば、例えばブログやWEBサイトなどではアイキャッチ画像を設定すると、自動的に縮小された画像がTOPページの再度などにサムネイル画像として表示されます。更に言えば、広告業界、WEB業界でもその厳密な使い方は違いますが、業界の人でなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。

アイキャッチの由来

一見、外来語のようにも見えますが、実は「アイキャッチ」という言葉は和製英語だと言われています。「目を引き付ける」=「視線を捕える」ということから「eye catch」という言葉が生まれたと考えられています。ここまで「アイキャッチ」についてご紹介しましたが、正直ピンとこない・何のことを言っているのかよくわからない、という方もいると思います。
アイキャッチの手法が使われている具体的な例をいくつかご紹介します。
この記事の最初に画像が使用されていると思います。これはまさにアイキャッチの手法の1つだと言えます。他にもテレビアニメなどでCMの前後で流れる特定の映像、見たことある方も多いと思います。これもアイキャッチと言います。画像や映像を取り入れることで、見る人の商品購買意欲を高めたり、CMを見てもらえる効果があります。

アイキャッチの文章・例文

例文1.ブログで商品を宣伝する際にアイキャッチを取り入れたら、アクセス数が格段に伸びた。
例文2.あのアニメのアイキャッチは凝っていて気にいっている。
例文3.インパクトのあるアイキャッチ画像を作る事でユーザーを取り込みたい
例文4.見てもらいたいターゲットを絞ってアイキャッチを作成する。
例文5.店頭などで見かけるPOPもアイキャッチ手法の1つだ。
日常でよく目にする様々なものに、実はアイキャッチ手法が取り入れられているのです。そしてその手法に効果があるからこそ、長きにわたり広告手法として定着しているのです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アイキャッチの会話例

  • 質問者アイコン

    この新商品を店頭でどう売ったらいいか、案を考えよう。

  • 回答者アイコン

    はい。お客様が必ず通る場所に置いて、インパクトのあるPOPを飾るのはどうでしょうか?

  • 質問者アイコン

    なるほど、アイキャッチを使っているな。

  • 回答者アイコン

    さらに、商品の映像を流すとよりアイキャッチの効果が期待できます。

POPや映像が流れている商品はどうしても気になって見に行ってしまいますよね。

アイキャッチの類義語

「アイキャッチ」と関連する言葉には「キャッチコピー」「サムネイル」「ステルスマーケティング」などがあります。

アイキャッチまとめ

今回は「アイキャッチ」について詳しくご紹介していきました。アイキャッチは意識してみると、わたしたちの周りで多く使われている手法です。アイキャッチを使うのと使わないのでは、その効果はかなり変わると言われています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事